ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

きんぴらごぼうに必要な切り方を徹底紹介

今回は、きんぴらごぼうを作る際の材料の切り方について解説していきます。ごぼうやにんじん、こんにゃくの処理の仕方を覚えておけば、気軽にきんぴらを作れるようになりますよ! まずはごぼうの処理の仕方から。皮のむき方から、ささがき、細切りの方法をご紹介します。ささがきには、包丁を使った方法はもちろん、ピーラーを使った方法もあるので、そちらも参考にしてみてくださいね。 また、きんぴらごぼうの具には欠かせない、にんじんやこんにゃくの切り方もご紹介します。同時に解説するこんにゃくのアク抜きの方法を覚えておけば、気になる臭みも除去できるように!こちらでご紹介する方法をマスターして、ささっときんぴらごぼうを作れるようになりましょう。

ごぼうの皮はむく?むかない?

Photo by macaroni

ごぼうの皮やにんじんの皮には、栄養が豊富に含まれています。ごぼうの皮にはポリフェノール、にんじんの皮にはカロテンが含有されているので、食感が気にならないのであればぜひ料理に使いたいところ。 皮の口当たりが気になる場合は、包丁でこそげる方法やたわしでこする方法などがあります。

ごぼうの皮むき(包丁の背)

こちらでは、包丁の背を使って皮をむく方法をご紹介します。ごぼうの皮には香りと旨味があるので、その部分を残すためにも、包丁の背で薄く皮を削ぐようにするとよいでしょう。
1.包丁の背でこするようにして皮をこそげ取ります。

Photo by macaroni

2.ごぼうを回転させながら皮をこそげるようにしましょう。

Photo by macaroni

慣れてくれば、適切な力加減がわかってきますよ。

ごぼうのささがきのやり方

ささがきとは、主にごぼうやにんじんなどの固い野菜を切るときに用いる切り方のこと。 こちらでは、包丁やピーラーを使った方法、さらに「十字切り」とピーラーを併用した方法などをご紹介します。こちらを参考にして、ご自身に合った方法を見つけてくださいね。

包丁を使うごぼうのささがき

1.包丁に角度をつけて切ります。ボウルなどに水を張り、その上でごぼうを切り落としていくことで、アク抜きにつなげましょう。

Photo by macaroni

2.ごぼうの端から包丁で薄く削ぎ落とすように切っていきます。

Photo by macaroni

3.ごぼうを回転させながら、ちょうど鉛筆を削るような感覚で切っていきましょう。

Photo by macaroni

あらかじめ、あく抜き用の水が入ったボウルを用意して、そこへ切ったものを入れていくといいでしょう。

ピーラーを使うごぼうのささがき

Photo by macaroni

ピーラーでごぼうの表面を削ぐようにして切ります。ごぼうを回転させながら、ピーラーをかけるようにしましょう。

特集

FEATURE CONTENTS