ローディング中

Loading...

ごぼうのささがき、上手にできますか?きんぴらごぼうや豚汁など、形のよいささがきごぼうで食べるごぼう料理は単純にカットしたものよりも断然おいしく食べられますよ。ピーラーを使った簡単にできる方法もありますので、ぜひ参考にしてみてください!

ごぼうのささがきの正しいやりかたを知っていますか?

みなさんはごぼうは好きですか?ごぼうは、腸内環境を整える食物繊維や抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富で、美容と健康に必要な栄養素がたっぷり含まれています。中国では解熱、解毒、利尿、排膿作用を持つ漢方薬とされるほど身体にいい効果がつまっているごぼうは、毎日の食事にぜひ取り入れたい食材です。
お料理のバリエーションも、きんぴらや天ぷらのかき揚げ、煮物や細切りサラダなど、色々な楽しみ方がありますが、基本的な下処理といえる「ささがき」の正しいやり方はご存知でしょうか?今回はさまざまなごぼう料理に使えるささがきのやり方についてご紹介します。

ごぼうのささがきのやり方

用意するもの

・水洗いしたごぼう(泥をしっかり落とします)
・包丁orピーラー
・ボールに入れた水or酢水

包丁を使ったやり方

ささがきは「笹掻き」と書くことからもわかるように、笹の葉の形に似ているところから名づけられた切り方。細長い根菜を切る際によく使われる切り方で、主にごぼうやにんじんなどがあげられます。片方の手でごぼうを回しながら、もう片方の手で持った包丁を寝かせて、鉛筆を削るような感覚で薄く細く切ります。
ごぼうの場合は水をはったボウルの上でささがきすると、そのままアク抜きできるので便利です。なお、ごぼうの皮にはポリフェノールの一種が豊富に含まれているといいますから、皮はむかずにきれいに洗って使うことをおすすめします。

ピーラーを使ったやり方

ピーラーでささがきをする場合は、断面の中心が十字になるようにごぼうの側面に2箇所切り込みを入れます。片手でごぼうを回しながら側面をピーラーで削ると、細かなささがきができます。切込み部分まで削ってしまったら、再び切り込みを入れて同じようにささがきします。

アク抜き

ささがきしたごぼうはボールに入れた水にさらします。水1リットルに対して小さじ1/3の酢水にさらすとごぼうの色止めができ、白くきれいなささがきごぼうができます。最近のごぼうはアクが少ないので、水にさらさずにすぐ調理するか、さらしても短時間で済ませると、栄養素が失われにくいとも言われています。

ゆでる時のポイント

お鍋に水と酢、ごぼうを入れて火をつけます。水が沸騰したら弱火にしてさらに5〜10分ゆでます。ごぼうがやわらかくなったらザルにあげ、さっと水洗いするとささがきがやわらかく仕上がります。

冷蔵、冷凍保存について

水けをふきとってから、使いやすい分量ずつ小分けにしてラップで包み、保存用バッグで保存します。冷凍保存も可能です。冷凍したごぼうは、1カ月をめどに使いきるようにしてくださいね。

ごぼうのささがきを使ったレシピ

1.簡単 きんぴらごぼう

にんじんは千切りに、ごぼうはささがきにして水にさらした後、水気をきっておきます。鍋にごま油を熱し、ごぼうを強火で炒め、少し透き通って香りがたったら人参を加えてさらに炒めます。調味料を加え、汁気がなくなるまで炒めたら最後にゴマを振って完成です。

2.さきがきごぼうのサラダ

ごぼうの泥をよく取ってからささがきにします。ボウルに切ったささがきを入れて、再度泥を取ります。沸騰さた鍋にささがきごぼうを入れて下ゆでしておきます。ささがきに火が通ったらざるを使って十分に水切りします。ゴボウを水切りしている間に、大きめのボウルにささがきと他の材料を全て入れて、調味料で味を調えてでき上がりです。

3.ごぼうの卵とじ

玉ねぎは薄切りにし、ごぼうは皮をむいてささがきにします。フライパンに水、だしの素を入れて熱し、沸騰したら調味料と玉ねぎ・ごぼうを加えて味が染みてしんなりするまで煮ます。青ネギを散らし入れ、とき卵が半熟になったら火を止めて余熱で仕上げます。

4.鶏とごぼうの混ぜご飯

お米を研いでザルにあげ、水気を切っておきます。鶏肉は一口大にし、下処理したごぼうと一緒に中火で炒めます。全体に油が回ったら水、醤油、みりん、砂糖、和風ダシなどの調味料入れてしばらく煮ます。全体に味がなじんだところで火を止めて具材と煮汁に分け炊飯します。
ご飯が炊けたら炊飯器に具材を入れて混ぜ、ご飯となじんだらお好みで海苔を散らしてできあがりです。

5.ゴボウ茶

ごぼうはていねいに泥を落として洗います。洗ったぼうの水気を十分に取ったら、ピーラーを使ってささがきします。水にはさらさず、ささがきしたごぼうは、ざるなどに入れて天日で半日ほど干します。乾燥したらフライパンで煎って、煎ったごぼうをひとつまみコップに入れて、熱いお湯を注いで色が出てきたらいただきます。

ささがきをマスターしておいしいごぼう料理を

独特のシャキシャキとした歯ごたえと、香ばしい香りが特徴的なごぼう。食物繊維やポリフェノールなどを豊富に含んでいることから、女性の健康に役にたつ食材として好まれていますよね。よかったらみなさんもごぼうのささがきをマスターして、普段の食事においしいごぼう料理を取り入れてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

サラダ レシピ まとめ

マカロニサラダは常備菜にも、お弁当にも、ホームパーティーなどでも活躍してくれる万能のサラダといっても過言ではありません。今回はマカロニサラダについてもっと詳しく、ツナなどを使ったリメイク方法、人気の作り方を紹…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

ペペロンチーノ レシピ

ペペロンチーノはシンプルな味付けで、にんにくの風味がおいしいパスタですよね。日本ではこのパスタを”ペペロンチーノ”として親しまれていますが、実は正式名称ではないのです!ペペロンチーノの意味や美味しくするコツな…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ アーモンドミルク スムージー アレンジレシピ まとめ

今話題のアーモンドミルクをご存知ですか?海外では牛乳に代わって使われることも多い、乳製品を含まない植物性のミルクなんです。そんなアーモンドミルクを使ったレシピを10種類紹介します。

レシピ まとめ 和食

お豆腐よりもしっかりボリューム、お肉よりもヘルシーな優秀アイテム「厚揚げ」でも、いまいち使い方がわからないって人も多いはず。そこで、厚揚げの色んなアレンジレシピを紹介します。意外なアレンジにハマるレシピがきっ…

スイーツ 和菓子 レシピ まとめ

そろそろお彼岸の時期がやってきますね♫お彼岸といえば「ぼた餅」!でも、ぼた餅やおはぎって作るのに手間がかかって大変そうなイメージ…。今回は、そんなイメージを覆すくらい、簡単で美味しいぼた餅・おはぎのアイデアレ…

レシピ まとめ

キヌアは普通の精米と比較して少ない炭水化物でタンパク質が2倍、食物繊維が8倍、また10倍のカルシウムを含んでいるそうです。低GI値でもあるので、他のヘルシーな食材と組み合わせればダイエットに有効な食品なんです…

鶏肉 レシピ まとめ ランチ 親子丼

とろっとろの卵の親子丼、個人的にはもう大好きでして。外で食べるより家でつくって食べるほうが好きなんですけども、皆さんアイディアいっぱいに親子丼をアレンジしていますよ。変幻自在の卵ゆえ、いろんな親子丼があります…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

離乳食 レシピ

もうすぐお正月ですね。赤ちゃんがいるご家庭では、家族揃って元気に新年を迎えられる喜びもひとしおなのでは。赤ちゃんにとっては初めてのお正月。せっかくだから、おせち離乳食を作ってみませんか?いつもとはちょっと違う…

スイーツ お土産 マドレーヌ

東京土産としても定番化しつつある、東京江戸川区にあるラトリエ・ドゥ・シュクルの『肉球マドレーヌ』がとっても可愛いと話題です。テレビ番組でも取り上げられた人気のお菓子。キュン♪とするような可愛らしい外見にシェフ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る