ナスは冷凍保存こそ賢い!ベストな方法&活用レシピまとめ

食材の長期保存と言えば冷凍ですが、ナスも冷凍保存することができるのでしょうか?どんな方法がベスト?今回は、ナスを長持ちさせる冷凍保存の方法と保存期間、さらに冷凍ナスの活用レシピをご紹介します!ぜひお役立てください。

ナスを長持ちさせる冷凍保存!

ナスがたくさん残っている場合、みなさんはどのように保存していますか?夏野菜は常温保存が向いていると言われていますが、ナスもそうなのでしょうか?実は、ナスは冷凍できる食材なのです!長持ちさせられる冷凍保存方法についてご紹介します。

冷凍したナスの食感は?

ナスのように水分の多い食材を冷凍すると、解凍したときに味が落ちたり、食感がベチャッとなったりするイメージがありますよね。しかし実際にナスを冷凍して料理すると、やや水っぽくはなりますが、食感はあまり損なわれません。しんなりとする程度なので、料理方法を工夫すれば、ほぼ気にならずに食べることができるのです。

ナスの冷凍保存方法

ではナスを冷凍するにはどのようにすればいいのでしょうか?解凍方法や保存期間の目安も一緒にご紹介します。

冷凍の仕方

冷凍庫で保存する際は使うときの料理のしやすさを考えて、下記のように、事前に下準備する必要があります。

1. 水洗いをする。
2. ヘタを取って食べやすい大きさにカットする。
3. たっぷりの水に10分ほど浸して、あく抜きをする。
4. キッチンペーパーでしっかりと水分をふき取る。
5. 使いやすい量に小分けしてラップで包む。
6. ジッパー付袋へ入れて冷凍庫で保存する。

このようにすれば、冷凍をしても使いやすくおいしい状態で保存ができます。

解凍方法

ナスは水分の多い野菜なので、解凍するとべチャッとなってしまいます。料理するときは、解凍せずに炒めたり煮たりしてください。また、よりベチャッとさせないためには、焼きナスや揚げナスにしてから冷凍するといいでしょう。

保存期間

冷凍の場合は1か月程度の保存が可能です。ただし、そのまま冷凍するといざ食べようと思ったときに切れないなど不都合が出るので、冷凍庫へ入れいる前に忘れずに下準備してくださいね。
▼上手に保存したら、おいしいレシピを試して!

揚げナスの冷凍方法

ナスをたくさんいただいた場合やたくさん買った場合などは、揚げナスにしてから冷凍すると使うときにとても便利です。冷凍の揚げナスがあれば、パスタを作ったりマーボーナスを作るときに時短で料理することができます。カレーやおろしハンバーグのトッピングにも使えるのでとても便利です。

揚げ油を何回も用意したり片付ける手間も省けるので一石二鳥。ぜひ試してみてください。

冷凍の仕方

1. まず、水洗いしたナスの水分をよく切ってから乱切りにします。切ったナスはあくを抜くために10分ほどたっぷりの水にひたします。
2. 次に油で素揚げにします。高温で揚げると油の吸収率が落ちるので、180度から190度ぐらいの高温で手早く揚げます。
※少し焦げ目が付くぐらいの色になれば、油から上げてください
3. 油から上げたらしっかりと油を切って冷まします。
※キッチンペーパーの上に置いておけば、より油が切れてカロリーのダウンもできます
4. 完全に冷めたら、アルミのバットにラップかクッキングシートを敷いて、揚げたナスをバラバラに並べていきます。
5. バットの上にもラップをし、冷凍庫に入れしっかり凍らせます。アルミのバットを使うと急速に冷凍ができます。
※アルミのバットがない場合はプラスチック製やお皿でも代用可能です
6. 完全に凍ったら、タッパーに移すかジッパー付袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。しっかりと密封すると劣化にしくくなります。

これだけで長期間の保存ができますよ!

保存期間

きちんと揚げて冷凍した場合は、2週間から3週間ほど保存できます。そのまま野菜室で冷蔵保存した場合は1週間程度の日持ちなので、便利なだけでなく、長期保存にもなります。

使い方

特集

SPECIAL CONTENTS