ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

ペペロンチーノ、上手に作れる?

シンプルな味付けだけど、とても難しいペペロンチーノ。お家で作ってみたら、分離してしまって悲惨な状態に……なんて悲しい経験はありませんか?そこで今回は調理師の筆者が、基本のペペロンチーノの作り方を解説します! 簡単でおいしいアレンジレシピもご紹介していきますよ。基本をマスターすれば、アレンジだって無限大!お好きなアレンジレシピにチャレンジしてみてくださいね。

実は単純!名前の由来

日本では「ペペロンチーノ」と呼びますが、イタリアでは「スパゲティ アーリオ オーリオ ペペロンチーノ」といいます。イタリア語では、「アーリオ=にんにく」「オーリオ=オリーブオイル」「ペペロンチーノ=唐辛子」という意味です。 実は、使う食材の名前を並べただけの、単純な名前なんですよ。まるで名前も、シンプルな調理方法を表しているみたいで面白いですね。 ちなみに、1人分のペペロンチーノのカロリーは約500kcalほど。ミートソーススパゲティ(約710kcal)カルボナーラ(約740kcal)と比べると、低カロリーであることが分かります。

簡単!本格ペペロンチーノの基本の作り方

Photo by mallow

ではここからは、調理師直伝のペペロンチーノの作り方をご紹介します。パセリを加えないレシピが多いですが、食べたあとににんにくの香りが気になりづらくなるため、ここでは加えて作っていきます。

材料(2人分・620kcal)

Photo by mallow

・スパゲティ      160g ・にんにく       1片 ・パセリ        1枝(約5g) ・唐辛子        1本 ・オリーブオイル    40cc ・水          20cc ・スパゲティのゆで汁  60cc 【パスタ用】 ・水          2L ・塩          20g

作り方

1. スパゲティを茹でます。

Photo by mallow

沸騰させたお湯で、スパゲティを茹でます。記載の時間の1分前に、ザルに上げます。ゆで汁は、60cc以上とっておきましょう。
2. パセリをみじん切りにします。

Photo by mallow

パセリを洗って水気をとり、手で葉の部分だけをちぎってみじん切りにします。※茎は使いません。

Photo by mallow

半分はソース用、もう半分は飾りに使うので、2つに分けておきましょう。
3. 唐辛子の種をとって、お好みの大きさに切り分けます。

Photo by mallow

軸がついている場合は固いので取り除き、手で半分に折って種を取り出します。

Photo by mallow

お好みの大きさに切り分けます。※細かくするほど辛くなります。
4. にんにくをみじん切りにします。

Photo by mallow

皮をむいて先端の固い部分を切り落とし、縦半分に切ります。目の部分は焦げやすく、えぐみになるので、取り除きましょう。

Photo by mallow

手でも簡単に取ることができます。匂いが気になる方は爪楊枝を使うと便利です。

Photo by mallow

みじん切りにします。
5. にんにくと唐辛子を、オリーブオイルで炒めます。

Photo by mallow

にんにく、唐辛子、オリーブオイルを、冷たいフライパンに入れます。 こうすれば、にんにくが跳ねませんし、にんにくのよい香りを引き出しやすくなります。

Photo by mallow

入れたら火をつけて、弱火でじっくりと炒めます。 焦げると香りが悪くなり、苦くなってしまうので、絶えずフライパンをゆすりながら弱火で炒めましょう。
6. パセリを加えて炒めます。

Photo by mallow

にんにくのよい香りを十分オリーブオイルに移したら、パセリを加えて風味をつけましょう。
7. パスタのゆで汁を加えて乳化させます。

Photo by mallow

パスタのゆで汁を加えます。このとき、強火にしながらフライパンを絶えずゆすり、トングなどでしっかり混ぜ合わせると失敗しにくいです。このゆで汁(水)とオリーブオイル(油)がしっかり混ざり合うことを乳化といいます。 ※唐辛子は飾りに使うため、ここで取り出します。
8. 茹で上がったスパゲティを加えて絡めます。

Photo by mallow

手早く、スパゲティとオイルを混ぜ合わせます。 ※分離してしまった場合は、パスタのゆで汁を加えて混ぜ合わせてください。
9. 味見をして、盛り付けます。

Photo by mallow

味見をします。味が足りない場合は塩で調整しましょう。お好みでブラックペッパーを加えても、味が引き締まっておいしいですよ。 お皿に盛り付けます。スパゲティを丸めるように盛り付けると、見た目もきれいですし、冷めにくく最後までおいしくいただけます。
10. パセリと唐辛子を飾って完成です。

Photo by mallow

レシピのポイント

1. パセリを加えて、にんにくの香りを爽やかに。 パセリの爽やかな香りは、にんにくのにおいを和らげることができます。食べてからもにんにくのにおいが残りにくいので、女性の方はぜひパセリを加えて作ってみてください。 2. スパゲティを茹でるときは、必ず塩を加える。 シンプルな味付けのスパゲティは、あとで味の調節をすることが難しいです。いくらあとで塩を加えても、表面だけしょっぱくなってしまい、味がのりません。茹でるときにお湯の分量に対して1%の塩を加えることで、スパゲティの中までしっかりと塩味がついておいしくなります。

特集

FEATURE CONTENTS