ライター : i_am_ai

故郷徳島を愛しながらも、続々と現れる新しい物にもついつい飛びついてします、ミーハーなグルメライター。

大人もはまる駄菓子の世界

有名店のおいしいお菓子を知ってからも、時々食べたくなるのが昔ながらの駄菓子ではないでしょうか。最近では、ネットで大人買いする人も増えていますよね。そんな駄菓子の魅力は、懐かしさとお財布にやさしい価格です。値段を気にすることなく、気軽に買えちゃうのはうれしいですよね。 数ある駄菓子界の中でも、特に根強い人気を誇っているのが、東京拉麺の「ペペロンチーノ」です。そこで、人気の秘密とアレンジレシピをご紹介します。

根強い人気の「ペペロンチーノ」!

60円(税抜)
駄菓子コーナーの中でも小腹にぴったりなのが、東京拉麺から販売されている「ペペロンチーノ」です。駄菓子というにはもったいない、という声もあるほど、根強い人気を博しているペペロンチーノ。 実際に食べた人からは、「バジルと白胡椒の香りが食欲をそそる!」「パスタとしても、ラーメンとしても食べれておもしろい!」と高評価なようです。そして、何と言っても60円という価格設定も嬉しいですよね。懐かしさのあまり、最近では、大人買いする人も多いようです。

パスタとしてもラーメンとしても絶品!

パスタ風

ペペロンチーノという名前の通り、王道はパスタ風の食べ方です。パッケージを開け、付属のスープを取り出し、お湯を注ぎ3分待ちます。あとは、湯切りをしたら付属のスープを半量入れてよく混ぜたら完成です。残りの半量スープは、お湯を注いでスープとして飲むことができます。お好みで濃さを調整できるのもいいですよね。

ラーメン風

ラーメンは、最初に全部のスープを入れたあと、お湯を注ぎ3分待ちます。実は、開発途中に、誤ってスープを先入れした時に偶然この食べ方が生まれたようです。今ではすっかり定着し、ラーメンで食べる人も多いようです。

ほかのアレンジを楽しむ人も!

1. スープにご飯を入れて

拉麺の〆としてスープにご飯を入れて食べる方法も。ややカロリーが気になりますが、おいしさには勝てませんね。

2. 具材を入れてボリュームアップ

ペペロンチーノには具材が入っていないので、野菜を入れてアレンジするのもよさそうですよね。おやつはもちろん、夜食にもぴったりです。

特集

FEATURE CONTENTS