連載

おせち+パスタでおいしい♪「数の子のペペロンチーノ」はプチプチ感がクセになる

おせちに入れることの多い数の子は、プチプチとした食感がたまりません♪でも、どれだけおいしい食材だって食べ過ぎてしまえば飽きてしまいますよね。そこで今回は、余ってしまった数の子でつくるおいしいパスタをご紹介します!

2018年1月2日 更新

数の子とペペロンチーノは相性抜群!

数の子とペペロンチーノは相性抜群!

Photo by 前田未希

最初はワクワクして食べていたおせち料理も、量が多ければだんだん飽きてしまいますよね。そこでぜひ試してほしいのが、余った数の子をリメイクしてつくる和風ペペロンチーノです。

「数の子とパスタって合うの?」と思うかもしれませんが、試してびっくりのおいしさ。お正月でなくともおすすめしたい組み合わせなんですよ。

数の子のプツプツした食感と塩気は、ピリ辛のペペロンチーノと相性抜群。和食に飽きたときに食べるパスタは、いつも以上においしく感じられること受け合いです。

『数の子の和風ペペロンチーノ』の作り方

分量(2人分)

数の子(味付き) 100g
パスタ 2人分
サラダ油 大さじ1
鷹の爪 1/2本
醤油 小さじ1
粉末昆布茶 小さじ1/2
刻み海苔 お好みで
※塩数の子を使用する場合は、塩抜きしてから調理しましょう。

作り方

①鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩(分量外・大さじ1程度)を加える。
鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩(分量外・大さじ1程度)を加える。

Photo by 前田未希

②パスタを規定の茹で時間より1分間短く茹でる。
パスタを規定の茹で時間より1分間短く茹でる。

Photo by 前田未希

茹で終えたあと、ソースとからめる段階でも火が入るので、茹で時間は短くした方がほどよく仕上がります。
③数の子は食べやすい大きさに切り分ける。
数の子は食べやすい大きさに切り分ける。

Photo by 前田未希

あまり細かく刻むと数の子の食感が損なわれるので、適度な大きさにしましょう。小指の第二関節までの大きさが目安です。
④鷹の爪は種を捨て、輪切りにする。
鷹の爪は種を捨て、輪切りにする。

Photo by 前田未希

⑤ニンニクは皮と芽を取り除き、薄くスライスする。
ニンニクは皮と芽を取り除き、薄くスライスする

Photo by 前田未希

⑥フライパンにサラダ油とニンニク、鷹の爪を入れ、香りが出るまで火にかける。
フライパンにサラダ油とニンニク、鷹の爪を入れ、香りが出るまで火にかける。

Photo by 前田未希

⑦フライパンに、パスタの茹で汁をおたま一杯分加え、中火にかけて混ぜる。
作り方

Photo by 前田未希

油ハネに注意してください。最初は透き通っていますが、混ぜていくうちに乳化して写真のような白濁色になります。
⑧醤油、粉末昆布茶を加えて味付けする。
醤油、粉末昆布茶を加えて味付けする。

Photo by 前田未希

⑨弱火にし、数の子を加えて全体に軽くなじませる。
弱火にし、数の子を加えて全体に軽くなじませる。

Photo by 前田未希

数の子は火を加えすぎると食感が悪くなるので、パスタを加える直前に入れましょう。
⑩茹で上がったパスタを湯切りし、フライパンに加えて全体にソースをからめる。
茹で上がったパスタを湯切りし、フライパンに加えて全体にソースをからめる。

Photo by 前田未希

刻み海苔をのせて、できあがり!

刻み海苔をのせて、できあがり!

Photo by 前田未希

シンプルに具材を数の子だけにすると、プチプチとした食感が際立ちます。ニンニクと鷹の爪でパンチを効かせると、数の子の表情がガラッと変わりますよ。

辛い料理が好きな人は、仕上げに七味唐辛子をプラスして!

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう