具がおいしい!ペペロンチーノの具材別おすすめレシピ22選

シンプルでおいしいペペロンチーノ。そのままでもおいしいですが、キャベツなどのいろんな具材を入れても、おいしいんです♩今回はいろいろな作り方やおすすめのレシピを食材別にご紹介しますので、みなさんもぜひお気に入りのひと品を見つけてください。

ペペロンチーノにおすすめの具材は?

ペペロンチーノの正式な呼び名は、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ。イタリア語で、アーリオはニンニクを、オーリオは油(特にオリーブオイル)を、ペペロンチーノはトウガラシを意味します。つまりこれら3つの基本素材を、ソースに用いたパスタ料理こそが、ペペロンチーノなんです。

しかしイタリアでは、どこのレストランにもペペロンチーノは、メニュ-に載っていないそうです。なぜなら、イタリアでは本来ペペロンチーノは、家で食べるもの! シンプルすぎて、おいしいレストランに行ってまで頼む料理ではないからです。でも逆に考えれば、家でガンガン作って食べたい、家庭のパスタであるとも言えます。

そしてここはイタリアではなく、日本! 正式なペペロンチーノにこだわる必要はまったくないし、むしろここにほかのパスタ同様いろいろな具材を入れて、もっとおいしく食べちゃっていいんです。

具材を入れるタイミングは?

ペペロンチーノのコツは、なんといっても乳化にあります。乳化とは簡単に言えば、水と油が均一に混ざり合った状態のこと。たがいには混ざり合わない水と油を、ゆで汁などをつなぎにして、撹拌(かくはん)することで調和させます。うまく乳化できると不思議なことに、パスタの粉っぽさやソースの油っぽさが消え、食べやすくなります。
具を入れる場合は、乳化させる(茹で汁を入れる)前に入れるのがポイント!あらかじめ具材に火を通しておくなら、茹で汁と同じタイミングでかまいません。とにかくゆで汁を入れたら、手早く仕上げるのが、おいしいペペロンチーノを作るコツです。
そこで今回は、そんな乳化技もふまえながら、おすすめの具材別に作れる、おいしいペペロンチーノのレシピをご紹介していきたいと思います。

定番!キャベツを使ったレシピ4選

1. むしろキャベツが主役なペペロンチーノ

キャベツが主役のペペロンチーノです。パスタが茹であがる1分前に、キャベツも鍋に入れて下ゆでしておくのがポイント! 豆板醤のピリッとした辛味がアクセントになっているため、食欲のないときでもモリモリ食べられて、しかもヘルシーです。ダイエット中にもおすすめですよ♩

2. 春キャベツとそら豆のペペロンチーノ

春においしいそら豆とキャベツを組み合わせたペペロンチーノ♩ アンチョビと黒コショウで味を引き締めます。旬の時期には、ぜひ作りたいペペロンチーノです。

3. キャベツとしらすのペペロンチーノ

キャベツにしらすを加えたペペロンチーノ。しらすの塩気がソースに旨味をもたらします。
さっと作れて、満足感もあるので、時間がない時のランチにもGOOD!

特集

SPECIAL CONTENTS