生後100日を祝福!「お食い初め」の料理の意味からレシピまで

赤ちゃんの生後100日ごろに行われる伝統的なお祝い事「お食い初め」。この記事では、料理の意味や食べる順番、お食い初めのレシピをご紹介します。作るのは苦手……そんな方にもおすすめのお食い初め料理の通販もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2017年5月15日 更新

お食い初めの料理、どうすればいい?

お食い初めというのは、生後100日ごろに行われる、日本の伝統的なお祝い事です。赤ちゃんが「一生食べ物に困らず、すくすくと成長できますように」という願いが込められているのです。

お食い初めの期限や由来というのは、はっきりとはわかっていません。文献によると、平安時代の頃から行われていることがわかっています。さらに、室町時代には多くの、お食い初めの記録が残っていることから、このお祝い事は古くから連綿と行われてきているのです。

元々、お餅を食べさせていたようなのですが、江戸時代になって現在の形になりました。

どんなことをするの?

お食い初めは、生後100日前後の赤ちゃんに初めての食べ物を用意して、食べる真似をさせる行事です。実際に100日前後というのは生後3ヵ月を過ぎたあたりですから、母乳やミルクで成長している時期。離乳食にもまだ早い段階です。

そのような時期ですから、お食い初めと言っても、実際に食べさせるわけではありません。あくまでもお祝いの儀式として食べる真似をするだけなのですが、それでも用意する食事は多彩なものになります。

とは言っても、現在ではお食い初めの簡素化も進んでいて、記念写真を撮るだけ、あるいはネットなどで宅配サービスの「お食い初めセット」を注文して済ませることも多くなってきたようです。

ここでは、古式に則ったお食い初めの料理や意味について紹介します。

お食い初めの料理と意味

お食い初めのメニューは、日本料理の基本である、一汁三菜を基本としています。まずは、お食い初め用の「祝い膳」を用意します。お食い初めのメニューには地域ならではのものがありますので、ここでは一般的なものを紹介しています。

また、食器については男の子用のものと、女の子用のもので色が違うので注意しましょう。男の子用は側が朱色で、女の子用の側は黒色になります。

鯛はお祝い事には必ず出てくる魚です。「めでたい」の語呂合わせもあって、お祝い事には欠かせない魚といえます。身近なところでは、横綱襲名の祝いの席で、新横綱が大きな鯛を持っているのが印象的です。

このように、古くからめでたい席では、鯛の尾頭付きが日本ではつきものとされてきました。それは、お食い初めのお祝い事でも同じです。

また、鯛には人の先頭に立てるように、という意味があります。形だけとは言っても、赤ちゃんの口につけるのでしっかりと火を通しておきましょう
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう