ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

お食い初めの料理、どうすればいい?

お食い初めというのは、生後100日ごろに行われる、日本の伝統的なお祝い事です。赤ちゃんが「一生食べ物に困らず、すくすくと成長できますように」という願いが込められているのです。 お食い初めの期限や由来というのは、はっきりとはわかっていません。文献によると、平安時代の頃から行われていることがわかっています。さらに、室町時代には多くの、お食い初めの記録が残っていることから、このお祝い事は古くから連綿と行われてきているのです。 元々、お餅を食べさせていたようなのですが、江戸時代になって現在の形になりました。

どんなことをするの?

お食い初めは、生後100日前後の赤ちゃんに初めての食べ物を用意して、食べる真似をさせる行事です。実際に100日前後というのは生後3ヵ月を過ぎたあたりですから、母乳やミルクで成長している時期。離乳食にもまだ早い段階です。 そのような時期ですから、お食い初めと言っても、実際に食べさせるわけではありません。あくまでもお祝いの儀式として食べる真似をするだけなのですが、それでも用意する食事は多彩なものになります。 とは言っても、現在ではお食い初めの簡素化も進んでいて、記念写真を撮るだけ、あるいはネットなどで宅配サービスの「お食い初めセット」を注文して済ませることも多くなってきたようです。 ここでは、古式に則ったお食い初めの料理や意味について紹介します。

お食い初めの料理と意味

お食い初めのメニューは、日本料理の基本である、一汁三菜を基本としています。まずは、お食い初め用の「祝い膳」を用意します。お食い初めのメニューには地域ならではのものがありますので、ここでは一般的なものを紹介しています。 また、食器については男の子用のものと、女の子用のもので色が違うので注意しましょう。男の子用は側が朱色で、女の子用の側は黒色になります。

鯛はお祝い事には必ず出てくる魚です。「めでたい」の語呂合わせもあって、お祝い事には欠かせない魚といえます。身近なところでは、横綱襲名の祝いの席で、新横綱が大きな鯛を持っているのが印象的です。 このように、古くからめでたい席では、鯛の尾頭付きが日本ではつきものとされてきました。それは、お食い初めのお祝い事でも同じです。 また、鯛には人の先頭に立てるように、という意味があります。形だけとは言っても、赤ちゃんの口につけるのでしっかりと火を通しておきましょう

赤飯

Photo by TAMA39

おめでたい行事のときに欠かせないのが赤飯です。もちろん、赤飯ではなく、季節の食材を混ぜたご飯や白米でも問題ありません。ご飯は各地域の特徴が出やすい部分ですから、その点にも注意したほうがいいです。 お赤飯にこだわらないのでしたら、旬のものをいれた炊き込みご飯も、お食い初めのメニューに彩りを添えそうです。見た目が華やかになりますから、白米よりも豪華に見えます。

お吸い物

Photo by macaroni

お吸い物には、「おっぱいを飲んですくすくと成長しますように」という願いが込められいます。食材には季節のものをいれるようにします。 日本料理では、古来、一汁三菜が徹底されてきました。その一汁となっているのがお吸い物なのです。質素なものが多い中で、野菜は人参など彩りのいいものを入れるのが基本と言えます。
Photos:6枚
お皿に盛られた鯛の塩焼き
土鍋に入った赤飯
茶碗の中のはまぐりのお吸い物
和食器に盛られた煮物
和食器に盛られたなます
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS