ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

カレーの人気具材リスト

Photo by macaroni

カレーの人気具材リスト

  1. 定番:玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、豚肉・牛肉・鶏肉、シーフードミックス、きのこ
  2. 野菜:キャベツ、大根、トマト、白菜、ほうれん草、セロリ、里芋、かぶ、きゅうり、ゴーヤ
  3. 肉・魚:ひき肉、ラム肉、かつおのたたき、さばの水煮缶、ぶり
  4. 海産物・練り物:たこ、ちくわ、魚肉ソーセージ、こんにゃく、ツナ缶
  5. トッピング:アボカド、納豆、レーズン、揚げ玉
  6. フルーツ:バナナ、パイナップル、マンゴー、桃

カレーに合わせたい具材【定番】編6選

1. 玉ねぎ

Photo by macaroni

生で食べるとツンとした刺激と辛さがある玉ねぎは、加熱すると甘くなり、料理にコクと旨味をプラスしてくれます。和洋中を問わずさまざまな料理に利用されますが、なかでもソースやシチューなどの洋風煮込みに最適な野菜です。

カレー作りにも欠かせない定番具材で、炒め方も「透きとおる程度まで」「あめ色になるまで」と、人それぞれで異なります。玉ねぎの切り方ひとつでも、カレーの味わいが変わりますよ。

2. じゃがいも

Photo by macaroni

具材がゴロゴロ入っているカレーの野菜といえば、やはりじゃがいもが筆頭格ですね。家庭で作るカレーになくてはならない定番具材で、ホクホクした食感がたまらないという人が多いはず。ボリュームアップするうえ、価格が手頃で経済的なことでも主婦に人気です。

一方、でんぷん質を多く含むため、煮くずれるとカレーがドロドロになりがち。スパイシーさが損なわれるからと、あえて加えない人も増えてきています。

3. にんじん

Photo by macaroni

おうちで作るカレーの野菜といえば、すでに紹介した玉ねぎとじゃがいも、このにんじんを含めた3種類が定番具材です。茶色一辺倒になりがちなカレーに、唯一彩りを添えてくれます。

独特の甘味があり、栄養価が高いことから重宝される緑黄色野菜。そのため学校給食では、カレーのみならず、ほかの献立にも入っています。子どもだけでなく、にんじんが苦手な大人でも、カレーならもりもり食べてくれるはずです。

4. 豚肉・牛肉・鶏肉

Photo by macaroni

カレーのメイン具材である肉には、豚肉や牛肉、鶏肉を使うのが一般的。肉の種類によってカレーの風味が異なりますが、個人の好みや地域の食文化によって、使う肉が変わってきます。

かつては関東がポークカレー、関西はビーフカレーが定番だとされましたが、いまではそれほど地域差はありません。大手カレー専門店でも、いろんな肉のメニューをそろえているように、肉の種類をいろいろ変えて楽しんでみてください。

5. シーフードミックス

オーソドックスな肉入りのカレーも良いけど、えびや帆立貝、いかなどで作るシーフードカレーもおいしいですね。スーパーでそれらの海鮮魚介を買いそろえると、決して安くありません。そんなときに役立つのが、冷凍のシーフードミックス。

冷凍庫に常備しておけるうえ、価格もリーズナブルなので主婦に人気があります。冷蔵庫内での解凍さえちゃんとすれば、取り扱いも簡単。いまやシーフードカレーの定番具材です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ