ローディング中

Loading...

カレーの材料で絶対に外せない野菜といえば玉ねぎですよね。この玉ねぎは切り方によって味が変わることをご存じですか?カレーに合う玉ねぎの切り方は?今回は、玉ねぎの切り方から飴色玉ねぎにする方法、切り方別のカレーレシピをご紹介します。

カレーの玉ねぎ、どんな切り方してる?

カレーには欠かせない玉ねぎ、薄切りにして飴色になるまで炒めれば甘さと旨みが引き出され、最高の調味料になります。あるいは、玉ねぎを角切りにして、お肉や人参、じゃがいもなどと一緒に炒めてから煮込む方もいらっしゃいますよね。みなさんは、玉ねぎをどのように切りますか?

カレーに玉ねぎを使用する場合、人によって切り方や入れるタイミングが異なるようです。しかし、もし「玉ねぎの切り方でおいしさが変わる」といわれたら気になりませんか?

今回は、切り方によって味が変わる玉ねぎについてお伝えします。カレーに合う玉ねぎの切り方、玉ねぎの切り方別おすすめカレーレシピをご紹介します。おうちカレーの玉ねぎも切り方ひとつで、さらにおいしくなるかもしれません!

切り方によって味が変わる玉ねぎ

実は、玉ねぎは切り方を変えると、食感や味わいが変化するのです。生で食べる場合や煮込み料理に使う場合など用途に応じた切り方をすることで、玉ねぎのおいしさを最大限に引き出しましょう。

繊維に沿って切った場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして繊維に沿って切ると、玉ねぎの細胞が壊れにくく、シャキッとした食感が楽しめ、辛味が残ります。食感を残したいスープや炒め物、また、煮崩れしにくいことから肉じゃがなどの煮物料理にも向いています。

繊維を断ち切ってカットした場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして、繊維に対して垂直に切ると、繊維が断ち切られてやわらかな食感になります。また、切った面が空気に触れて、辛味が抜けやすくなりますよ。

繊維を断ち切ってカットすると、玉ねぎの甘みや旨味が出やすいため、ハヤシライスやオニオンスープなどの料理によく使われます。また、やわらかな食感のためにサラダによく使われますが、生で食べる場合は辛み抜きをしないと辛みが残ります。サラダに入れる時は、できるだけ薄くスライスし、水にさらしましょう。

みじん切りにした場合

玉ねぎをみじん切りにするコツは、玉ねぎに隠し包丁を放射状にいれ、横に細かく切っていくことです。みじん切りにすることで、玉ねぎの細胞が破壊され、成分が染み出しやすくなるため、栄養素を効率良く摂りたい場合におすすめの切り方です。料理をすると、旨みや甘みが強く出るのでソースやドレッシングにもピッタリ。ひき肉を使った料理にもよく使われますね。

カレーに合う飴色玉ねぎにおすすめな切り方は?

切り方によって食感や辛味、甘味が変わる玉ねぎは、どんなカレーにしたいかによって切り方を変えるのがおすすめです。「食感を残したい」「旨みを引き出したい」など、料理に合わせた切り方を選んでみてください。

くし型切り

皮をむいた玉ねぎを縦半分にカットし、へたの部分に包丁を入れてへたを切り落とします。
切り口の中央から繊維に沿って等分していくのがくし型切りです。シャキシャキした食感が残り、煮崩れしにくいため、カレーやシチュー、肉じゃがなど形を残したい煮込み料理でよく使われる切り方です。

薄切り

玉ねぎを縦半分に切り、根元に包丁でV字の切り込みを入れ芯を取り除きます。食感を残したい時は繊維に沿って薄くスライス、炒め物や煮物、スープに向いている切り方です。繊維を断ち切るようにスライスする場合は、しっかりと辛み抜きをしてサラダや和え物などに使うのがおすすめです。

みじん切り

縦半分に切った玉ねぎの切り口を下にして、繊維に沿って切り離さないように切り込みを入れます。次に、向きを変えて同じく切り離さないように包丁を横に入れていきます。あとは玉ねぎを抑え端から切っていけばみじん切りになります。餃子やハンバーグなどのたね、ドレッシングやマリネなど、幅広い料理で使われる切り方です。
▼カレーに合う意外な具材、まとめました!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

海外からの輸入食品やたっぷり大容量のフードがたくさん取り揃えられている「コストコ」。家族連れはもちろん、おしゃれ食材を買いたい方の間でも人気ですよね!今回は秋に買いたい商品をご紹介します。2017年の新商品も…

クッキー まとめ

手作りクッキーをプレゼントで贈りたい!そんなときにおすすめの、素敵なラッピング方法をご紹介します。袋に入れるだけで簡単にできるラッピングや、大量プレゼントにピッタリな方法も◎ 100均アイテムを活用して、プチ…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

レシピ スイーツ スムージー まとめ

甘味とさわやかな酸味が人気のキウイ。みなさんが好きなキウイレシピはありますか?スイーツだけでなくサラダやお肉に使えるソースまで思う以上に色々な使いかたができるんですよ。デザートはもちろんお食事にもぴったりなキ…

まとめ

スタバドリンクのなかでも人気の高い「キャラメルマキアート」。今回は、そんなキャラメルマキアートの気になるカロリーや、おすすめのカスタマイズ、お家で楽しむ作り方を大公開!これを見て、キャラメルマキアートを存分に…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ アレンジレシピ

すでに常備してる方も多いであろう缶詰、いなば・ツナとタイカレー。このおいしさに感嘆し、もっといろんな味わいで楽しみたい、と様々なアプローチをするツナとタイカレーファンが続出してるんですっ♡

レシピ まとめ

最近フレンチやイタリアンでも注目の「旨み」。その「旨み」がたっぷりの「塩昆布」はアレンジ幅は無限大でメイン料理から汁物、はたまたデザートにまで使えちゃう魅力的な食品です♪今回は「塩昆布」を使ったおいしいレシピ…

サラダ レシピ まとめ

ご飯、味噌汁、おかず、サラダ…。毎日毎日考えていたらネタが尽きてしまいませんか?特に主婦の方は強く共感していただけるのでは?たまには手抜きしてサラダとおかず一緒にしちゃいませんか?ボリュームのある一品で家族も…

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

レシピ まとめ

辛味や香りが強く、インパクト大の玉ねぎ。今回はお野菜やお肉におすすめの玉ねぎドレッシングレシピを8つご紹介!血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。ぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る