カレーの玉ねぎは切り方で味が変わる!? 【切り方別】カレーレシピまとめ

カレーの材料で絶対に外せない野菜といえば玉ねぎですよね。この玉ねぎは切り方によって味が変わることをご存じですか?カレーに合う玉ねぎの切り方は?今回は、玉ねぎの切り方から飴色玉ねぎにする方法、切り方別のカレーレシピをご紹介します。

2019年3月26日 更新

カレーの玉ねぎ、どんな切り方してる?

カレーには欠かせない玉ねぎ、薄切りにして飴色になるまで炒めれば甘さと旨みが引き出され、最高の調味料になります。あるいは、玉ねぎを角切りにして、お肉や人参、じゃがいもなどと一緒に炒めてから煮込む方もいらっしゃいますよね。みなさんは、玉ねぎをどのように切りますか?

カレーに玉ねぎを使用する場合、人によって切り方や入れるタイミングが異なるようです。しかし、もし「玉ねぎの切り方でおいしさが変わる」といわれたら気になりませんか?

今回は、切り方によって味が変わる玉ねぎについてお伝えします。カレーに合う玉ねぎの切り方、玉ねぎの切り方別おすすめカレーレシピをご紹介します。おうちカレーの玉ねぎも切り方ひとつで、さらにおいしくなるかもしれません!

切り方によって味が変わる玉ねぎ

実は、玉ねぎは切り方を変えると、食感や味わいが変化するのです。生で食べる場合や煮込み料理に使う場合など用途に応じた切り方をすることで、玉ねぎのおいしさを最大限に引き出しましょう。

繊維に沿って切った場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして繊維に沿って切ると、玉ねぎの細胞が壊れにくく、シャキッとした食感が楽しめ、辛味が残ります。食感を残したいスープや炒め物、また、煮崩れしにくいことから肉じゃがなどの煮物料理にも向いています。

繊維を断ち切ってカットした場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして、繊維に対して垂直に切ると、繊維が断ち切られてやわらかな食感になります。また、切った面が空気に触れて、辛味が抜けやすくなりますよ。

繊維を断ち切ってカットすると、玉ねぎの甘みや旨味が出やすいため、ハヤシライスやオニオンスープなどの料理によく使われます。また、やわらかな食感のためにサラダによく使われますが、生で食べる場合は辛み抜きをしないと辛みが残ります。サラダに入れる時は、できるだけ薄くスライスし、水にさらしましょう。
1 / 6

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう