ローディング中

Loading...

カレーの材料で絶対に外せない野菜といえば玉ねぎですよね。この玉ねぎは切り方によって味が変わることをご存じですか?カレーに合う玉ねぎの切り方は?今回は、玉ねぎの切り方から飴色玉ねぎにする方法、切り方別のカレーレシピをご紹介します。

カレーの玉ねぎ、どんな切り方してる?

カレーには欠かせない玉ねぎ、薄切りにして飴色になるまで炒めれば甘さと旨みが引き出され、最高の調味料になります。あるいは、玉ねぎを角切りにして、お肉や人参、じゃがいもなどと一緒に炒めてから煮込む方もいらっしゃいますよね。みなさんは、玉ねぎをどのように切りますか?

カレーに玉ねぎを使用する場合、人によって切り方や入れるタイミングが異なるようです。しかし、もし「玉ねぎの切り方でおいしさが変わる」といわれたら気になりませんか?

今回は、切り方によって味が変わる玉ねぎについてお伝えします。カレーに合う玉ねぎの切り方、玉ねぎの切り方別おすすめカレーレシピをご紹介します。おうちカレーの玉ねぎも切り方ひとつで、さらにおいしくなるかもしれません!

切り方によって味が変わる玉ねぎ

実は、玉ねぎは切り方を変えると、食感や味わいが変化するのです。生で食べる場合や煮込み料理に使う場合など用途に応じた切り方をすることで、玉ねぎのおいしさを最大限に引き出しましょう。

繊維に沿って切った場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして繊維に沿って切ると、玉ねぎの細胞が壊れにくく、シャキッとした食感が楽しめ、辛味が残ります。食感を残したいスープや炒め物、また、煮崩れしにくいことから肉じゃがなどの煮物料理にも向いています。

繊維を断ち切ってカットした場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして、繊維に対して垂直に切ると、繊維が断ち切られてやわらかな食感になります。また、切った面が空気に触れて、辛味が抜けやすくなりますよ。

繊維を断ち切ってカットすると、玉ねぎの甘みや旨味が出やすいため、ハヤシライスやオニオンスープなどの料理によく使われます。また、やわらかな食感のためにサラダによく使われますが、生で食べる場合は辛み抜きをしないと辛みが残ります。サラダに入れる時は、できるだけ薄くスライスし、水にさらしましょう。

みじん切りにした場合

玉ねぎをみじん切りにするコツは、玉ねぎに隠し包丁を放射状にいれ、横に細かく切っていくことです。みじん切りにすることで、玉ねぎの細胞が破壊され、成分が染み出しやすくなるため、栄養素を効率良く摂りたい場合におすすめの切り方です。料理をすると、旨みや甘みが強く出るのでソースやドレッシングにもピッタリ。ひき肉を使った料理にもよく使われますね。

カレーに合う飴色玉ねぎにおすすめな切り方は?

切り方によって食感や辛味、甘味が変わる玉ねぎは、どんなカレーにしたいかによって切り方を変えるのがおすすめです。「食感を残したい」「旨みを引き出したい」など、料理に合わせた切り方を選んでみてください。

くし型切り

皮をむいた玉ねぎを縦半分にカットし、へたの部分に包丁を入れてへたを切り落とします。
切り口の中央から繊維に沿って等分していくのがくし型切りです。シャキシャキした食感が残り、煮崩れしにくいため、カレーやシチュー、肉じゃがなど形を残したい煮込み料理でよく使われる切り方です。

薄切り

玉ねぎを縦半分に切り、根元に包丁でV字の切り込みを入れ芯を取り除きます。食感を残したい時は繊維に沿って薄くスライス、炒め物や煮物、スープに向いている切り方です。繊維を断ち切るようにスライスする場合は、しっかりと辛み抜きをしてサラダや和え物などに使うのがおすすめです。

みじん切り

縦半分に切った玉ねぎの切り口を下にして、繊維に沿って切り離さないように切り込みを入れます。次に、向きを変えて同じく切り離さないように包丁を横に入れていきます。あとは玉ねぎを抑え端から切っていけばみじん切りになります。餃子やハンバーグなどのたね、ドレッシングやマリネなど、幅広い料理で使われる切り方です。
▼カレーに合う意外な具材、まとめました!

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

もう定番!“いなば”ツナとタイカレーを味わい尽くすアレンジレシピまとめ

すでに常備してる方も多いであろう缶詰、いなば・ツナとタイカレー。このおいしさに感嘆し、もっといろんな味わいで楽しみたい、と様々なアプローチをするツナとタイカレーファンが続出してるんですっ♡

メインからデザートまで!塩昆布を使ったおすすめレシピ8選♡

最近フレンチやイタリアンでも注目の「旨み」。その「旨み」がたっぷりの「塩昆布」はアレンジ幅は無限大でメイン料理から汁物、はたまたデザートにまで使えちゃう魅力的な食品です♪今回は「塩昆布」を使ったおいしいレシピ…

ネタが尽きちゃう!そんな時の「おかずサラダ」のレシピ5選

ご飯、味噌汁、おかず、サラダ…。毎日毎日考えていたらネタが尽きてしまいませんか?特に主婦の方は強く共感していただけるのでは?たまには手抜きしてサラダとおかず一緒にしちゃいませんか?ボリュームのある一品で家族も…

「ちりめんじゃこ」アイデアレシピ8選♪−調味料も少なめでOK!

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

血液サラサラ効果も!「玉ねぎドレッシング」レシピ8選♩

辛味や香りが強く、インパクト大の玉ねぎ。今回はお野菜やお肉におすすめの玉ねぎドレッシングレシピを8つご紹介!血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。ぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お鍋をイメチェン!ストウブの取っ手を変える「アニマルノブ」がかわいすぎる!

おしゃれで素敵なストウブの鍋。フタに付いているノブは交換することができるって、ご存じですか?交換できるノブは、かわいい動物モチーフ。ストウブの鍋が、ますます素敵にグレードアップするデザインです。ここではそのラ…

おすすめランチも♩銀座・有楽町で本場のタイ料理を堪能できるお店18選

世界三大スープのひとつトムヤムクンや、豚や鶏など種類も豊富なカレー、あっさり系もこってり系も楽しめる麺類など、タイにはたくさんの料理があります。今回は、銀座、有楽町界隈でタイ料理の食べられるお店を紹介いたしま…

さわらの旬って知ってる?徹底解説&おすすめ人気レシピ10選

寿司ネタや焼き魚としておなじみの鰆(さわら)は、「魚」偏に「春」と書き、春の季語になっています。瀬戸内海や岡山、和歌山などでは春にさわらが押し寄せますが、関東になると事情が異なります。今回は近年のさわら事情と…

ページTOPに戻る