カレーの玉ねぎは切り方で味が変わる!? 【切り方別】カレーレシピまとめ

カレーの材料で絶対に外せない野菜といえば玉ねぎですよね。この玉ねぎは切り方によって味が変わることをご存じですか?カレーに合う玉ねぎの切り方は?今回は、玉ねぎの切り方から飴色玉ねぎにする方法、切り方別のカレーレシピをご紹介します。

カレーの玉ねぎ、どんな切り方してる?

カレーには欠かせない玉ねぎ、薄切りにして飴色になるまで炒めれば甘さと旨みが引き出され、最高の調味料になります。あるいは、玉ねぎを角切りにして、お肉や人参、じゃがいもなどと一緒に炒めてから煮込む方もいらっしゃいますよね。みなさんは、玉ねぎをどのように切りますか?

カレーに玉ねぎを使用する場合、人によって切り方や入れるタイミングが異なるようです。しかし、もし「玉ねぎの切り方でおいしさが変わる」といわれたら気になりませんか?

今回は、切り方によって味が変わる玉ねぎについてお伝えします。カレーに合う玉ねぎの切り方、玉ねぎの切り方別おすすめカレーレシピをご紹介します。おうちカレーの玉ねぎも切り方ひとつで、さらにおいしくなるかもしれません!

切り方によって味が変わる玉ねぎ

実は、玉ねぎは切り方を変えると、食感や味わいが変化するのです。生で食べる場合や煮込み料理に使う場合など用途に応じた切り方をすることで、玉ねぎのおいしさを最大限に引き出しましょう。

繊維に沿って切った場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして繊維に沿って切ると、玉ねぎの細胞が壊れにくく、シャキッとした食感が楽しめ、辛味が残ります。食感を残したいスープや炒め物、また、煮崩れしにくいことから肉じゃがなどの煮物料理にも向いています。

繊維を断ち切ってカットした場合

玉ねぎを縦半分にカットし、切り口を下にして、繊維に対して垂直に切ると、繊維が断ち切られてやわらかな食感になります。また、切った面が空気に触れて、辛味が抜けやすくなりますよ。

繊維を断ち切ってカットすると、玉ねぎの甘みや旨味が出やすいため、ハヤシライスやオニオンスープなどの料理によく使われます。また、やわらかな食感のためにサラダによく使われますが、生で食べる場合は辛み抜きをしないと辛みが残ります。サラダに入れる時は、できるだけ薄くスライスし、水にさらしましょう。

みじん切りにした場合

玉ねぎをみじん切りにするコツは、玉ねぎに隠し包丁を放射状にいれ、横に細かく切っていくことです。みじん切りにすることで、玉ねぎの細胞が破壊され、成分が染み出しやすくなるため、栄養素を効率良く摂りたい場合におすすめの切り方です。料理をすると、旨みや甘みが強く出るのでソースやドレッシングにもピッタリ。ひき肉を使った料理にもよく使われますね。

カレーに合う飴色玉ねぎにおすすめな切り方は?

切り方によって食感や辛味、甘味が変わる玉ねぎは、どんなカレーにしたいかによって切り方を変えるのがおすすめです。「食感を残したい」「旨みを引き出したい」など、料理に合わせた切り方を選んでみてください。

くし型切り

皮をむいた玉ねぎを縦半分にカットし、へたの部分に包丁を入れてへたを切り落とします。
切り口の中央から繊維に沿って等分していくのがくし型切りです。シャキシャキした食感が残り、煮崩れしにくいため、カレーやシチュー、肉じゃがなど形を残したい煮込み料理でよく使われる切り方です。

薄切り

玉ねぎを縦半分に切り、根元に包丁でV字の切り込みを入れ芯を取り除きます。食感を残したい時は繊維に沿って薄くスライス、炒め物や煮物、スープに向いている切り方です。繊維を断ち切るようにスライスする場合は、しっかりと辛み抜きをしてサラダや和え物などに使うのがおすすめです。

みじん切り

縦半分に切った玉ねぎの切り口を下にして、繊維に沿って切り離さないように切り込みを入れます。次に、向きを変えて同じく切り離さないように包丁を横に入れていきます。あとは玉ねぎを抑え端から切っていけばみじん切りになります。餃子やハンバーグなどのたね、ドレッシングやマリネなど、幅広い料理で使われる切り方です。
▼カレーに合う意外な具材、まとめました!

特集一覧

SPECIAL CONTENTS