ローディング中

Loading...

玉ねぎを日持ちさせるためには、最適な保存方法を覚えることが大切です。そのまま保存する際には「吊るし方」が肝心!冷凍や冷蔵の場合は?今回は、玉ねぎの保存方法にスポットを当てて、用途別に詳しくご紹介していきます。

玉ねぎのベストな保存方法が知りたい!

玉ねぎは、生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと様々な調理方法で調理することができ、和・洋・中のいずれの料理でも使われている、料理には欠かせない野菜といってもよいでしょう。

玉ねぎの特徴として、常温で長期間保存できるということがあります。基本的には日陰の風通しの良い所であれば2ヶ月ほど、冬場は冷蔵保存で1ヶ月ほど保存できると言われています。

多くの野菜は乾燥によってしなびてしまうため、ある程度、湿度を保って保存することが多いもの。玉ねぎの場合は逆で、湿度が腐ってしまう原因になるんです。それでは、具体的に玉ねぎの保存方法について書いていきましょう。

そのまま保存する方法

吊るして保存

玉ねぎにとって湿気は玉ねぎを傷める1番の原因です。そのため直射日光の当らない、風通しがよく乾燥した場所での乾燥が必須となります。また、1つ1つが触れ合わないようにすることが、長持ちの秘訣でもあります。そこでおすすめしたいのが、ネットやストッキングを使って吊るして保存する方法です。

紐で縛って吊るすこともありますが、縛る手間を考えると、通気性がよく、かつ袋状になっているので簡単にいれることができ、落ちる心配もないネットやストッキングがベストでしょう。

穴が空いたり、伝線して使えなくなったストッキングやみかんが入っているネットなどがあれば、捨てずに取っておくとお金もかかりません。ぜひ取っておきましょう。

吊るし方

ネットやストッキング一枚につき、玉ねぎを一個使うのは現実的に難しいので、一枚あたりに複数の玉ねぎを入れることになります。その場合にも、一枚あたりに入れる玉ねぎの数はできるだけ少なくするように心がけてください。3~5個程度がよいでしょう。

出来れば1個入れたら結び目を作り、1個1個に仕切りを設けて、それぞれの空間を作ってあげるように入れます。そして吊るすときにも、他に吊るしているものと少しずつ高さを変えるなど、重ならないように工夫をすることが大切です。

たくさんの数の玉ねぎを、1個1個ばらばらに吊るす方法としては、1本の紐に複数の玉ねぎをずらして取り付け、それを吊るす方法もあります。ただし、手間のかかる点がデメリットです。

段ボール、かごに入れて保存

マンションやアパートだと環境上、せっかく風通しのよいベランダがあっても、玉ねぎを吊るせない場合が多いのではないかと思います。その場合は、玉ねぎを新聞紙などに包んで保存しましょう。

包んだ玉ねぎは、かごや段ボールに入れて日陰で風通しの良い場所に置けば、しっかりと長期間保存することができます。注意点としては、長期間、玉ねぎを入れたままの段ボールを置いていると、害虫が寄ってくる可能性があることです。

こまめにチェックし、害虫の住みかにならないように注意しましょう。特に古い段ボールなどは、虫が集まってきやすいようなので、比較的キレイで新しいものを使うように心掛けてくださいね。

保存方法

まず、玉ねぎ1つ1つを新聞紙に包みます。上述したように、新聞紙には湿気を吸い取る効果があるため、湿気を苦手とする玉ねぎを新聞紙で包むことは、玉ねぎを湿気から守ることとなります。しっかりと新聞紙で包んだら、あとは玉ねぎを段ボールやかごに入れ、風通しのよい日陰に置くだけです。

段ボールやかごの中に入れる時の注意点としては、玉ねぎをぎちぎちに入れず、なるべく隙間を作ることです。それぞれの玉ねぎがくっついた状態は、風通しが悪く、早々に傷んでしまう原因になるからです。

また、1個でも腐った玉ねぎがあれば、すぐに取り除くようにしましょう。玉ねぎの腐ってきた部分は、すぐに他の玉ねぎに伝染します。放っておくと、あっという間に全て腐ってしまうこともあるので、こまめにチェックが必要です。

野菜室でもOK

風通しのよい涼しい場所がない場合は、野菜室で保存する方法もあります。段ボールやかごに入れて保存するときと同じように、新聞紙で玉ねぎを1個1個包んでから野菜室に入れます。

他の野菜は湿度を必要とするものが多いため、野菜室の湿度は90%前後と湿度が高くなっています。その一方、玉ねぎにとっての最適な湿度は50~70%。明らかに野菜室の湿度は高めです。そのため、常温保存より早く傷んでしまうので、こまめに状態のチェックをするようにしましょう。

カットした玉ねぎの保存方法

半分にカットしたもの

しっかりとラップをして切り口が乾燥にないようにしてから、野菜室で保存します。日がたつにつれて、切り口から劣化していくので、なるべく早く使い切るようにしましょう。玉ねぎがスカスカになってしまい、旨味がどんどんなくなっていきます。歯ごたえを残したい場合には、密封できる容器に入れて保存すると、多少、傷みが遅くなるかもしれません。

いずれにしても風味や栄養のことを考えて、早めに使い切るようにしましょう。

スライス玉ねぎ

スライスした玉ねぎの保存方法は、全体的に空気に触れる切り口が多いので、ジップ付きの保存袋に入れて、しっかり空気を抜いてから保存しましょう。保存袋がない場合は、タッパーで密封する方法もありです。

切り口の乾燥を防ぐために、濡らしたキッチンペーパーなどに包んでから保存する方法もあります。

特に新玉ねぎなどは、スライスして生のままでサラダなどにして食べることも多いと思いますが、普通の玉ねぎと比べて傷むのが早いので、特に気をつけなくてはなりません。できる限り切らないまま、通常の玉ねぎと同じく風当たりがよい場所に置き、湿気を避けて保存。食べる時になったらスライスするのが、やはり1番おいしく食べられます。
▼みじん切りの意外な方法、ご存じですか?

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒あるある、外国人観光客が酒蔵に来て驚くポイント3選

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

ハッピーホルモン「セロトニン」を増やすおすすめ食材5選

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

しゃぶしゃぶに合う意外すぎるお出汁「3」選

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

詰めて即おしゃれ♩人気弁当箱「ココポット」はレンジも使える優等生!

インスタでおしゃれと話題になっている「ココポット」というお弁当箱をご存知ですか?コロンとしたラウンド型のシルエットとグリーンなど7色展開するおしゃれなカラーも特徴的。お弁当を格段におしゃれにしてくれます。ココ…

ラッピングだけじゃない!セリア「ビン型ギフトバッグ」で小物整理もかわいく♩

人気100円均一ショップ「セリア」から、手作りギフトにぴったりな「ビン型ギフトバッグ」が登場しました。入り口はチャックになっていて、スイーツを入れるだけでもとってもおしゃれ。今年はこのアイテムで手作りスイーツ…

次世代おしゃれ缶詰!かねはち「オイルサバディン」は燻製で味も本格派♩

「オイルサバディン」という缶詰、知っていますか?「オイルサーディン」ならぬ、「オイルサバディン」とは、サバの燻製のオイル漬けのこと。沼津のかねはちが売り出したサバのオイル漬けは、おしゃれなパッケージ!やみつき…

ページTOPに戻る