安い肉が大変身!豚肉をやわらかくする簡単な方法と焼くときのコツ

今回は、一緒に漬けるだけで簡単に柔らかく仕上げる方法や、焼く前の短時間でできるコツをご紹介します!焼いたり炒めたりしてみると固い・・・なんて経験も、これで解決ですね!すぐに試せるものばかりなので、今夜からぜひ試してみてください。

2019年1月25日 更新

1.塩振りのタイミング

よくテレビなどで、塩・コショウをしてしばらく置きましょうなどと耳にしたことはありませんか。しかし、実はお肉は焼く直前に塩を振ったほうがおいしく仕上がるのですよ。

焼く直前に塩をかけると、水分で溶けることで濃い食塩水になります。お肉は薄めようとより奥の水分を出してくるので、余計な水分が抜けるのです。しかし、塩を振ってしばらくすると肉汁が流出してしまうので、うま味成分まで失ってしまいます

コショウは焼くと焦げて苦味がでてしまうので、食べる直前にかけた方がコショウの香りが楽しめておいしく感じますよ。

2. 脂身から焼く

お肉を焼くときにどの箇所から焼くのか気にしている方はあまりいないかと思いますが、焼く箇所の順番にもおいしくなるコツがあるんです!

実は脂身から最初に焼くことで適度に脂を抜くことができ、食感も良くなるんです。焼き加減は中火で、脂身に焦げ目がつくまで焼いていきます。このことにより、肉の美味しい香りがでてきてさらに美味しさを感じることができるのです。

3.じっくり中温で焼く

お肉のタンパク質は、温度が65℃のあたりから凝固作用が始まり、その反動で肉汁が流れ出ていきます。そしてこの温度で加熱することで大体の菌も死滅していきます。ですので、ゆっくり弱火で両面を焼いて中心温度が65度を超えないようにすれば、パサパサなお肉にならず中心まで火を通すことができます

コツをおさえてさらにおいしい豚肉料理を!

豚肉をやわらかくしておいしく食べるための下ごしらえ、調理方法はいかがでしたか?わざわざ新しい調理器具や調味料を買う必要もなく、ご自宅にある調味料や残りものの飲料を使えるのもよいですよね!

豚肉は安価で購入することができ栄養価も高いので、ぜひこちらの方法を試して豚肉料理のレパートリーを増やしてみてくださいね!
▼他にお肉を柔らかくする方法&レシピはこちら!
5 / 5

特集

FEATURE CONTENTS