3.じっくり中温で焼く

お肉のタンパク質は、温度が65℃のあたりから凝固作用が始まり、その反動で肉汁が流れ出ていきます。そしてこの温度で加熱することで大体の菌も死滅していきます。ですので、ゆっくり弱火で両面を焼いて中心温度が65度を超えないようにすれば、パサパサなお肉にならず中心まで火を通すことができます

コツをおさえてさらにおいしい豚肉料理を!

豚肉をやわらかくしておいしく食べるための下ごしらえ、調理方法はいかがでしたか?わざわざ新しい調理器具や調味料を買う必要もなく、ご自宅にある調味料や残りものの飲料を使えるのもよいですよね! 豚肉は安価で購入することができ栄養価も高いので、ぜひこちらの方法を試して豚肉料理のレパートリーを増やしてみてくださいね!
▼他にお肉を柔らかくする方法&レシピはこちら!

編集部のおすすめ