2. 炭酸飲料

牛乳と同様、深さがある容器にお肉が浸るくらいの炭酸飲料を注ぎます。あとは冷蔵庫で30分ほど寝かせるだけです。コーラが代表的ですが、いろいろ試して、お好みのものや味の違いを見つけてくださいね。

3.お酒

お肉にお酒を振りかけ、よく揉みこんでおきます。肉を酒につけることで、柔らかくなります。お酒は料理酒、ビール、ワイン、何でも可です。最低でも1時間は漬け込んでおきましょう。 また、こちらも牛乳や果汁でつけこむ時と同様、料理をする前にキッチンペーパーなどで余分な水分をふきとっておきましょう。

4.塩麹

塩麹はお肉の酵素に働きかけることで、お肉がやわらかくなります。最低でも30分は漬け込んでおきましょう。一日置いておくとさらに柔らかくなりますし、味が染みやすくなります。塩麹自体にしっかりと塩味があるので、あまり味付けが必要なくなり、焼くだけでおいしくいただけます。

5.ヨーグルト

ヨーグルトの乳酸菌がお肉の繊維をほぐし、柔らかくなります。また、コラーゲンの成分が細胞に含まれていくので、ふっくらやわらかジューシーなお肉になりますよ。 1~2時間漬け込めばおいしくできあがります。また、料理をする前にキッチンペーパーなどで余分なヨーグルトをふきとっておきましょう。

6.すりおろした大根や玉ねぎ

酵素がタンパク質を分解してくれます。30分~2時間ほど漬けるとおいしいお肉になります。ただし、漬けすぎると匂いがきつくなってしまうので、長時間漬けこまないようにしましょう!

7.マヨネーズ・ドレッシング

マヨネーズをお肉に塗ることで、マヨネーズの中に入っている酢がお肉を柔らかくし、ふんわりとした仕上がりになります。15分~30分程漬け込めばおいしく仕上がります。ドレッシングにもお酢が含まれているので、同じ理由でお肉がやわらかくなります。 ただし、お酢原液に漬けこむのはあまり適していません。もしお酢を使う場合は、漬け込むのではなく、調味料として入れて煮込むとお肉がやわらかくなります。

編集部のおすすめ