ローディング中

Loading...

最近密かに注目を集めている「シャリアピンステーキ」。そこで今回はシャリアピンステーキのおいしいレシピをご紹介!どんなお肉でも驚くほどやわらかくなる魔法のような料理なので、安くまとめ買いしたお肉が高級肉に早変わり♩ぜひお試しくださいね!

シャリアピンステーキとは

聞き慣れない名前でまるで海外で生まれた料理のように思えますが、れっきとした日本発祥の料理です。

焼く前にお肉と玉ねぎをしっかりとなじませておくことが特徴で、別名「マリネ・ステーキ」とも呼ばれています。玉ねぎのタンパク質分解酵素の力がお肉をやわらかくしてくれるので、脂ののった高級なお肉はもちろんのこと、お値段の安い赤身のステーキ肉もおいしく食べられるとっても便利なレシピなんです。

シャリアピンって?

1963年に帝国ホテルを訪れたオペラ歌手のフョードル・シャリアピンさんが、スタミナをつけるためにステーキを食べたいけれど、歯が痛いので柔らかく食べやすい料理を出してほしいと注文し、その要望を叶えるために当時の総料理長が生み出したのがこのステーキです。

このステーキが大変おいしかったことから、誕生のきっかけになったシャリアピンさんの名前をそのまま料理名として使い、そのあとも広く作られていくようになったのです。

シャリアピンステーキの作り方

材料

牛ステーキ肉……200g
玉ねぎ……中1個
塩、胡椒……適量

<ソース>
赤ワイン……大さじ4
醤油……大さじ2
バター……大さじ2
水溶き片栗粉……少量

手順

1. まず、みじん切りにした玉ねぎでお肉を覆い、冷蔵庫で半日ほどねかせておきます。

2. 焼く前に常温にもどしておき、つけておいた玉ねぎをお肉から取りのぞきます。この玉ねぎもあとでソースとして使うのでとっておきましょう。

3. お肉に塩、胡椒をふって、フライパンにバターを溶かして焼き、両面が焼けたらお皿に盛ります。

4. ステーキの肉汁の残ったフライパンでお肉をつけておいた玉ねぎを炒めます。きつね色になったら片栗粉以外のソースの材料を入れて10分ほど煮詰めます。

5. 水溶き片栗粉を入れてソースがまとまれば、先ほど焼いたお肉にのせて完成です。

おいしく作るためのコツ

玉ねぎを細かく刻んでたくさん使おう!

ソースを作る際に漬けていたおろし玉ねぎだけでなく、あたらしくみじん切りや薄くスライスした玉ねぎを足してもボリュームが増してさらにおいしくなります。たっぷりの玉ねぎはソースとしてだけではなく、そのまま付け合わせにもなってくれますよ。

フライパンを十分に熱してから肉を入れよう

ステーキは焼き加減がいちばん大事です。夏場は焼く30分前、冬場は1~2時間前には冷蔵庫からだして常温に戻しておきましょう。お肉の温度を均一にする事で短時間でも中までしっかりと火を通すことができ、生焼けや、焼き過ぎてかたくしてしまうのを防げます。

鉄のフライパンを使う場合は煙が上がるほどしっかりと高温にしてから油をひき、テフロン加工のフライパンの場合は、加工が傷んでしまうので先に油をひいてから徐々に高温にしてから焼きます。熱したフライパンにお肉をのせ、表面に油が浮いたらひっくり返し、蓋をしてフライパンをときどき揺すりながら焼き上げるとうまく焼けますよ。

焼く直前に塩胡椒を振ろう

下味となる塩胡椒も大事なポイントです。塩胡椒を振っておく事でソースがお肉に絡み、味がしっかりと感じられるようになるのです。

しかし、早くかけてしまうとお塩がお肉のうま味と水分を逃がしてしまい、胡椒の風味が飛んでしまうので焼く直前にかけることが大切です。

シャリアピンステーキ丼のレシピ3選

牛モモのシャリアピンステーキ丼

網目状に包丁を入れたお肉を、みじん切りにした玉ねぎで覆い一時間半ほど寝かせます。その間ににんにくとご飯、ブラックペッパーを炒めてガーリックライスを作っておきます。お肉の下ごしらえが終わったら玉ねぎ、赤ワインなどでソースを作り、バターで焼いたお肉とソースをガーリックライスに豪快に乗せればできあがり。

じっくりと焼き上げた玉ねぎのソースと、ガーリックライスのいい香りでどんどん箸が進みそうなひと品。ガッツリ食べたい日にぴったりのレシピです。

梅ご飯でさっぱりステーキ丼

お肉の仕込み方は基本と変わりませんが、カリカリ梅としば漬けをみじん切りにしたものをご飯に混ぜ、その上からお肉と玉ねぎのソースを盛り付けています。

梅ご飯にすることであっさりとした味になり、最後まですいすいと食べられるひと品になります。お肉ばっかりは少し重いかなと感じる方におすすめですよ。

豚肉でシャリアピンステーキ丼

牛肉よりさらに安い豚肉でも、シャリアピンステーキにすることで驚くほどやわらかくなりますよ。安くまとめ買いした豚肉をしっとりやわらか高級豚肉に変身させてしまいましょう。

玉ねぎで覆う前に、あらかじめはちみつを塗って30分〜1時間ほど置いておくのがポイント。さらにやわらかくジューシーに仕上がります。

優しさあふれるやわらかステーキ

オペラ歌手のフョードル・シャリアピンさんは、このステーキを食べてハードなコンサートを乗り切ったと言われています。スタミナ満点の玉ねぎをたっぷり使ったやわらかいステーキは絶品で栄養もバッチリです。

玉ねぎはお肉をやわらかくするだけではなく、お肉の臭みも消してくれるので、普段あまりステーキを食べない方にもおすすめです。ハードな予定もシャリアピンステーキを食べてエネルギッシュに乗り切っていきたいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

美しい琥珀色のお酒、ブランデー。水割りやソーダ割りなど飲み方によって、また、種類によって女性でも飲みやすくなります。今回は、グランデーの飲み方、種類、おすすめ銘柄など、数百年の歴史を持つ蒸留酒の魅力に迫ります。

牡蠣 アヒージョ レシピ まとめ

クリスマスの人気レシピ、牡蠣のニンニクオイル煮、アヒージョ。牡蠣のアヒージョといえば「バル」でしか食べられない、なんてイメージがありますが、実はおうちでも簡単に作ることができるんです。今回は絶品、牡蠣のアヒー…

レシピ

夏になるとおいしい枝豆。この枝豆を茹ですぎて余ってしまった場合、冷凍保存がおすすめです!今回は、枝豆を長持ちさせるための冷凍&解凍方法をご紹介します。冷凍枝豆の簡単おすすめレシピも併せてお伝えしますので、ぜひ…

シュラスコ 銀座

シュラスコブームの火付け役「スーペル バッカーナ(Super Bacana)」が銀座に再登場!おいしい牧草牛をガッツリ食べられ!豪快にグリルした牛イチボや豚ロース、パイナップルもたっぷり食べられますよ♩実食レ…

レシピ

気づくとしなしなになってしまうキュウリ、キュウリは冷凍保存で長持ちさせられます。キュウリの上手な冷凍方法と保存期間についてご紹介。ちょっと多めに買った場合も、冷凍庫に入れてしまえば最後までおいしく食べられます…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ ポップオーバー レシピ ハワイアン まとめ

外はパリパリ、中はふわふわなシュー生地食感で話題の「ポップオーバー」。自宅でも簡単に作ることができて、色々なアレンジができますよ♪今回はちょっとアレンジをした「ポップオーバー」のレシピを4つご紹介します♪

レシピ 菜の花 まとめ

春を感じさせる野菜「菜の花」を使ったレシピの紹介です。菜の花は万能食材で、和・洋・中・そしてスイーツにも使えます!菜の花料理のバリエーションが少ないと思われた方は、ぜひ参考にしてみてください。

イタリアン スイーツ お菓子 レシピ まとめ

イタリアの焼き菓子ピッツェルを知っていますか?薄焼きクッキーなのですが、形も美しくおいしそうです。ピッツェルプレートなるものも売られているようですが...そのおすすめレシピをご紹介します。あなたも作ってお友達…

ポテトサラダ サラダ じゃがいも まとめ

ほくほくのじゃがいもを使って作るポテトサラダってとても美味しいですよね!おそらく各ご家庭にオリジナルレシピがあると思うのですが、色々なポテトサラダのレシピを覚えると食事にお弁当に...、と大変便利ですよね!

ヴィーガン レシピ おつまみ まとめ

動物性の食材を使用しない、ベジタリアン仕様のお酒のおつまみレシピをご紹介!ベジタリアンでなくても、野菜がたっぷり食べられてヘルシーなら、食べない手はないですよね!?おいしく食べて、楽しく飲んでヘルシーなんてう…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

まとめ レシピ

夏祭りの定番スイーツりんご飴。夜店で見かけるとついつい買ってしまうという方も多いのでは?今回は、お家で簡単に夜店の味を再現できるりんご飴の作り方をご紹介。作り方を参考にして、家族みんなで甘いりんご飴を楽しんで…

レシピ 餃子

ヒルナンデスで簡単にできるメニューとして話題を呼んだ「なす餃子」。普通の餃子を大胆にアレンジして、とっても簡単にできるんですよ。いつも皮に包む作業がめんどうだと感じていた人に、目からウロコのアレンジ方法です。…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る