ポリ袋レシピ。副菜おかず編6選

6. もみもみするだけやみつきキャベツ

Photo by macaroni

箸休めやあとひと品にあるとうれしい、やみつきキャベツ。こちらはきゅうりと組み合わせ、ポン酢しょうゆとラー油で味付けします。ポリ袋に入れてたたききゅうりを作ったあと、ほかの材料を加えて揉みこめばOK。ピリ辛味がクセになるおいしさです。

7. 大根のさっぱり漬け

Photo by macaroni

少量の漬物なら、ポリ袋で作るとお手軽です。この大根の漬物は、漬け時間を短縮するために、スライサーで薄切りに。合わせ酢は電子レンジで加熱して、温かいうちに大根と混ぜましょう。ゆずの皮を加えると、風味が付いてさわやか。大根の歯ごたえがよく、さっぱり食べられます。

8. 白菜とツナのサラダ

コールスローのようなサラダは、ポリ袋におまかせ。揉みこんで少し置くと、味がしっかり入ります。こちらは白菜・にんじん・ツナ缶を、調理料と一緒にポリ袋へ。フレンチドレッシングのさっぱりした味わいながら、ツナ缶の旨味が加わって、モリモリ食べられますよ。

9. 甘辛ごぼう

食材にまんべんなく衣を付けたい場合、ポリ袋を使うときれいに付きます。こちらはごぼうと片栗粉をポリ袋に入れ、しゃかしゃか振って衣付け。片栗粉の量が少なくて済むのもよいところです。甘辛い味付けとごまの芳ばしい風味が食欲を刺激し、箸が止まらなくなりますよ。

10. はんぺん焼き

Photo by macaroni

そのまま食べてもおいしいはんぺん。崩して具材を加えて焼くと、また違う料理に仕上がります。こちらははんぺんに枝豆やコーン缶を加え、丸めて焼くレシピ。手が込んでいるように見えますが、ポリ袋を使うと包丁を使わずに作れますよ。お子さまも食べやすいひと品。

11. サックリ香ばしい。ローストポテト

冷凍のフライドポテトを使う、お手軽レシピ。コーンスープの素を味付けに使います。ポリ袋にポテトと調味料を入れて振り混ぜますが、ポテトとサラダ油を先に混ぜておくと、調味料がよく絡みますよ。トースターでしっかりと焦げ目がつくまで焼くと、芳ばしくておいしいです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ