洗い物ゼロ?な「ポリ袋」レシピ16選!おかずもスイーツもお任せ♩

お料理するのも食べるのも好き!でも洗いものはちょっと苦手という方もいるのでは?混ぜたり和えたりは、ポリ袋を使えば楽々♩作ったあとは捨てられて、洗いものも少なく時短もばっちりです。保存必至のポリ袋レシピ10選にズボラレシピ6選を加えてご紹介!

2019年10月15日 更新

1 鍋もお皿もなし!ペーパー焼きそば

ウインナー・ピーマン・パプリカをカットし、しめじの石づきを落としてほぐします。具材は全てをボウルに入れて混ぜ合わせておきます。クッキングペーパーを敷き、中華蒸し麺、具材の順にのせて、クッキングペーパー袋状にします。
袋状にしたクッキングシートごと耐熱容器にのせて電子レンジで加熱します。全体を混ぜ合わせたら完成です。シートごと食卓へ出せば、お食事の後はシートを捨てれば食器を洗う必要がないですよ。

2 鮭のまろやか和風うどん

冷凍うどんを表示のとおり電子レンジにかけて、耐熱皿に出します。牛乳で溶かした味噌をうどんに加え、とろけるチーズを全体を混ぜます。電子レンジで加熱して温め、とろけるチーズが溶けたら加熱をストップ。
仕上げに鮭フレークかけ、お好みで青のりをトッピングして完成です。お皿の上で全て完結するので、片付ける手間も少なくてすみますね。

3 絶品目玉焼きマヨトースト

アルミホイルで食パンの耳が隠れるくらいのお皿を作ります。食パンの真ん中を軽く凹ませておきます。食パンのふちをマヨネーズで囲み、作った枠の中心に卵黄がくるように割り入れます。全体にこしょうを軽く振り、オーブントースターで焼いたたら完成です。
アルミホイルごとお皿にのせれば、お皿も汚しません。まな板も包丁も使わずにおいしい朝食ができますよ。

4 ふわふわオムレツ

お茶碗の内側にラップを敷きます。敷いたラップの上に卵を割り入れ、ラップを破かないように卵を溶いたら、調味料を加えて混ぜます。お茶碗ごと電子レンジで加熱。様子をみて加熱を繰り返し、お好みの固さに調整してください。できたら、ラップの端をつかんで、形を整え、お皿にころんと返したら、オムレツの完成です。
お茶碗の丸い底をうまく利用すると形が整えやすいですよ。ラップを敷いているので、お茶碗を洗う手間が省けますね。

5. 秋鮭の味噌マヨ包み焼き

クッキングシートにスライスした玉ねぎ、秋鮭、味噌マヨネーズの順にのせ、きっちり包んでレンジでチン!火を使うことなく簡単に作れる「秋鮭の味噌マヨ包み焼き」です。コクのあるソースが絡んで、ごはんが進むおいしさ。付け合せの蒸し野菜もレンジ加熱で作れますよ♪

6 フライパンいらず!パン耳ラスク

天板にクッキングシートを敷いて、パンの耳を重ならないように並べて加熱します。パンの耳が熱い内に袋などに入れて、バターを加えてパンの耳をもみます。なじんだらグラニュー糖を入れて、袋ごとよく振ります。グラニュー糖が全体についたら完成!
グラニュー糖の変わりにガーリックパウダーをかけるとおつまみにもなります。きな粉やココアパウダーを加えたアレンジもよさそうです。クッキングシートとビニール袋を使っているので、洗いものは食べるときの器だけ♩

特集

FEATURE CONTENTS