レンジ加熱ブロッコリーで!おすすめレシピ5選

1. 常備菜に!ブロッコリーとうずらのピクルス

Photo by macaroni

調理時間:10分 冷まして味をなじませる時間は除きます。
酸味と甘味のバランスがちょうどよいピクルスは、箸休めにぴったり。食感をよく仕上げるために、ブロッコリーは加熱しすぎないように気をつけてくださいね。作り置きしておけば、もうひと品ほしいときに重宝しますよ。

2. おつまみに。ブロッコリーのガーリック風味

Photo by macaroni

調理時間:15分
ブロッコリーの鮮やかな緑色が、とても美しいですね。ベーコンの塩気と唐辛子のピリッとした辛味、そしてにんにくの豊かな香りがたまりません。もうひと品ほしいときはもちろんのこと、お酒にもぴったりなレシピですよ。

3. ぱっと目を引く!ブロッコリーのカニカマあんかけ

Photo by macaroni

調理時間:10分
カニカマの旨味と、卵のまろやかさがおいしいレシピです。ブロッコリーを加熱したら、カニカマあんをかけるだけでOK。手軽に作れるひと品は、忙しいときにも大活躍しそうですね。ブロッコリーは少し硬めに加熱しておくと、食感が楽しいですよ。

4. パパっとごちそう!牛肉とブロッコリーの中華炒め

Photo by macaroni

調理時間:20分
ブロッコリーの緑色とパプリカの赤色が、目にも鮮やかなひと品。材料はたった3つだけで、手軽に作れます。牛肉のコクと中華風の味付けで、ごはんがどんどん進みますよ。ボリューム満点のひと品は、食べ盛りの子供も大満足!

5. お弁当にも。ブロッコリーのミートボール

Photo by macaroni

調理時間:35分
ミートボールを割ると、中からブロッコリーが登場!かわいいサプライズで子供が喜びそうなレシピですね。冷凍保存ができるので、まとめて作るのがおすすめです。お弁当のおかずに重宝しますよ。

ブロッコリーのレンジ調理は栄養を逃しにくい

ブロッコリーのレンジ調理するメリットは、簡単ということだけではありません。実は、ビタミンCといった一部の栄養素は水溶性で、ゆでるとお湯の中に栄養が逃げてしまいます。レンジで調理するとそれらの栄養素の減少を抑えられるんです。

レンジ調理だけでなく、蒸し野菜にするという方法も同じ理由からおすすめできる調理法ですよ。

編集部のおすすめ