連載

捨てるなんて人生損してる!『ブロッコリーの茎でなんちゃってザーサイ』の作り方

年中手に入る手頃な野菜、ブロッコリー。冬から春に向け甘みが増すので、これからの季節はとくに積極的に取り入れたいですね。ブロッコリーの茎は捨ててしまうという人もいるのでは?これが美味しいんです。とっておきの節約おつまみレシピを紹介します!

2016年10月24日 更新

ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

ブロッコリーの茎って食べられるの?

いつもブロッコリーを買ったら、捨ててしまうことの多いブロッコリーの茎。 でも、実は食べられるってご存知でしたか? そのままでは皮が硬くて食べられませんが、皮をむくとつぼみ部分と同様に食べられます。 しかも茎の部分のほうが、普段食べているつぼみの部分よりも甘みが強いんです。 せっかくなのでブロッコリーの食感を活かして、ササッと作れるおつまみにしましょう。 ご家庭にある調味料で、簡単になんちゃってザーサイが作れます。 ブロッコリー1個分で、ちょうど良い食べきりレシピをご紹介。つきだしにぴったりですよ。

『ブロッコリーの茎でなんちゃってザーサイ』の作り方

分量(1〜2人分)

ブロッコリーの茎 1株分 A 鶏がらスープの素 小さじ1/4 A 酒 小さじ1 A みりん 小さじ1 A 塩 ひとつまみ ごま油 小さじ2 ラー油 3〜4滴程度

作り方

①ブロッコリーの茎を、桂剥きの要領で厚め(5mm程度)に皮むきする。
外側の緑色の部分が硬くて食べられないところです。
皮をむいて写真のように全体に白っぽい部分がむき出しになっていればOKです。
②3〜5ミリの厚さに輪切りする。
仕上がった際に食感が残るよう、あまり薄くしすぎず、厚めに輪切りしましょう。
③フライパンにごま油を熱し、茎を中火でさっと炒める。
④Aの調味料を加えて、煮詰める。
ブロッコリーの茎の食感を活かすため、中火で手早く仕上げるのがポイントです。
⑤調味料が煮詰まったら火を止め、ラー油を回しかける。
ラー油の香りがこうばしく立ち込めます。見た目はザーサイそっくりに仕上がりますよ。

お皿によそって、できあがり!

見た目も香りも、見事にザーサイ! 火加減によって食感を調整できるのは、ブロッコリーの茎ならではです。 さっと加熱して固めに仕上げると、ザーサイに近い食感。 ちょっとじっくり加熱すると、とろみのある食感になり、それはまた美味しいですよ。 お好みでニンニクを加えて調理しても美味しくいただけます。 自分で作ると、市販のものより塩分を控えることができるのもうれしいですね。 一度開けると使い切らなきゃ……と思うザーサイですが、これなら一回で食べきれる量。今度ブロッコリーを買ったら、ぜひ作ってみてください!

特集

FEATURE CONTENTS