「冷凍ブロッコリー」をレンジで加熱する方法

冷凍のブロッコリーはお鍋でゆでると、ぐずぐずになってしまうことがありますよね。お弁当に入れるときは凍ったままでもOKですが、味付けをする場合などは一度解凍するのがおすすめ。レンジを使えば、簡単にちょうどいいゆで加減で解凍できますよ。

ゆで方

1. 耐熱ボウルに冷凍ブロッコリー(40g)を入れてふわんりラップをし、600Wのレンジで1分30秒加熱します。

2. 加熱が完了したら、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

3. お好みで塩コショウやカレー粉、ごま油などで味付けしましょう。

ブロッコリーをレンジ調理する際のポイント

何分加熱するかはシーンによって異なる

ご紹介したように、レンジで何分加熱するかは用途などによって異なります。例えばお弁当用など少量でいい場合や、下ごしらえに加えてさらに火を通す場合、冷凍保存する場合などは基本よりも加熱時間が短くなります。

また、お使いの電子レンジのワット数が500Wなのか600Wなのかによっても、若干加熱時間を調整する必要があります。この記事でご紹介したやり方を参考に、調整してみてくださいね。

加熱のしすぎに注意する

ブロッコリーは生のままで食べられない野菜ですが、長時間レンジにかけると、仕上がりがぐずぐずになって食感が損なわれてしまいます。加熱のしすぎには気をつけましょう。

加熱後は水分を拭き取る

加熱したあとのブロッコリーは、水分が出てきます。この水分をそのままにしておくと、べちゃっとなって食感が悪くなったり、ブロッコリー自体が傷む原因になったりします。加熱後はきちんと水分を拭き取るようにしましょう。

編集部のおすすめ