パーティーにも最適!食材2品でできる「洋風おつまみ」の簡単レシピ10選

毎日の家事や仕事で慌ただしい日々を過ごした後は、疲れた体を休めると同時にお酒を飲んでリラックスしたいですよね。疲れた時にでも、簡単に食材2品で作るおつまみレシピを集めました。今回はワインによく合うちょっぴりお洒落な洋風レシピをご紹介します。

簡単・絶品おつまみレシピ

毎日忙しい日々を過ごしていると、夜ごはんとともにお酒を飲んで、疲れを癒している方も多いのではないでしょうか。そこで、疲れた日でも食材2品で簡単に作れる、おつまみをご紹介します。簡単なだけではない、きっと食卓も華やぐおつまみレシピを厳選。

今回は、ワインなどの洋酒に合うおつまみを中心に集めました。簡単に出来て、ワイン片手につまめる料理は、話が盛り上がるパーティーメニューとしても最適ですよ。
つまんで食べられるものから、簡単にできる揚げ物、〆のひと品までありますので、早速今夜のお酒のラインナップに加えてみてはいかがでしょうか。
▶︎ 食材2品でできる和食レシピは、下記からご覧ください。

① クラッカーで簡単ワンディッシュ

お醤油と砂糖で味付けした人参のきんぴらを、クラッカーとクリームチーズのトッピングに合わせれば、一気に洋風メニューに様変わり。ワイン片手につまめる、手軽さが嬉しいおつまみです。およそ10分で作れますよ。

② じゃがいもとサーモンのディル風味

じゃがいもは一口大に切り、レンジで4〜5分柔らかくなるまで加熱します。また、サーモンも一口大に切り、塩・胡椒で下味を付けます。フライパンで加熱したじゃがいもとサーモンを炒め、最後に香りのディルを加えれば、爽やかなおつまみに。

③ うずら卵とミニトマトのカラフル前菜

黄色やオレンジ、緑などカラフルなフルーツトマトを手に入れたら、ぜひこんな盛り付けで試してみては?うずらの卵を使って、交互にピックで刺せば、彩り豊かに仕上がります。レシピは味を染み込ませるため、調味液に一晩漬け込んでピクルス風に。ローリエとこしょうのスパイスが香る、パーティーのおもてなしにもぴったりな味つけです。

④ ローズマリー香るさつまいもロースト

オーブンを使用して作るおつまみですが、とっても簡単。さつまいもを食べやすい大きさに切り、オリーブオイルと粗塩で事前に和えて、オーブンに広げて焼くだけです。塩が加わると、さつまいもの甘みがさらに引き立つ味わいに。焼く際に、ローズマリーも添えれば、普段とは違うハーブの香り漂う、ワンランクアップのおつまみになります。

⑤ ココナッツ風味の味噌ラスク

特集

SPECIAL CONTENTS