ブロッコリーの冷凍方法・期間

Photo by 稲吉永恵

ブロッコリーは、小房に分け、太い茎は薄切りにしておきます。水洗いをしてから、キッチンペーパーでしっかり水気を拭いて冷凍用ジッパー袋に入れましょう。空気を抜いて密封して冷凍します。1ヶ月程度保存可能。

冷凍ブロッコリーを調理する際は、凍ったままゆでたり、炒めたりします。電子レンジで加熱してサラダや和え物にしたり、解凍せずにベーコンと炒めたりするとおいしいですよ。茶色に変色したり冷凍焼けをおこしたりしている部分は、味が悪いため取り除きましょう。

ピーマンの冷凍方法・期間

Photo by 稲吉永恵

ピーマンは、使いやすい大きさにカットします。細切りや短冊切り、乱切りにするのがおすすめ。水洗いをしてから、キッチンペーパーでしっかり水気を拭いて冷凍用ジッパー袋に入れます。空気を抜いて密封して冷凍庫へ入れましょう。1ヶ月程度保存可能。

冷凍したピーマンを調理する際は、凍ったまま炒めたり煮たりします。ピーマン特有の歯ざわりもある程度残るため、活用しやすいですよ。茶色や黒色に変色したり冷凍焼けをおこしたりしている場合は、食べないようにしてくださいね。

玉ねぎの冷凍方法・期間

Photo by 稲吉永恵

玉ねぎを冷凍保存する際は、薄切りやみじん切り、丸ごとなどお好みの切り方をおこなってOK。水気を拭いてから冷凍用ジッパー袋に入れます。空気を抜いて密封して冷凍庫へ入れましょう。1ヶ月程度保存可能。

冷凍した玉ねぎは、シャキシャキとした食感は損なわれますが、辛味がなくなり甘味や旨味が増します。凍ったまま炒めたり煮たりと、煮込み料理やスープ、ソースに使うとよいですよ。冷凍焼けをおこしている場合は、食べないようにしてください。

にんじんの冷凍方法・期間

Photo by 稲吉永恵

にんじんを冷凍保存する際は、短冊切りや細切り、いちょう切り、みじん切りなど薄切りや細かくするのがおすすめです。水気を拭いてから冷凍用ジッパー袋に入れ、空気を抜いてから密封し冷凍庫へ入れましょう。1ヶ月程度保存可能。

冷凍したにんじんは、若干筋っぽさが感じられますが、細かくカットしていればあまり気になりません。凍ったままきんぴらや野菜炒め、スープの具材にと使えますよ。黒ずんだり冷凍焼けをおこしたりしている場合は、味わいも食感も悪いため、食べないようにしてください。

ほうれん草の冷凍方法・期間

Photo by 稲吉永恵

ほうれん草は、根元に土がついているため、まずはしっかり水洗いをするのが大切。キッチンペーパーで水気を拭き取り、使い勝手のよいざく切りにします。使う分量ごとに冷凍用ジッパー袋に入れ、空気を抜いてから密封し冷凍庫へ入れましょう。1ヶ月程度保存可能。

冷凍ほうれん草は、凍ったまま炒めたりみそ汁やスープの具材にしたりと使い道がたくさんです。和え物やおひたしにするなら、30秒ほどサッとゆでてから使うとよいですよ。黒っぽく変色したり冷凍焼けをおこしたりしている場合は、食べないようにしてくださいね。

かぼちゃの冷凍方法・期間

Photo by 稲吉永恵

かぼちゃは、生のまま冷凍するよりも、加熱してから冷凍するほうが使いやすいですよ。まず種とわたを取り除いてから薄切りや角切りにカットします。電子レンジで4〜5分加熱したら、しっかり冷まして水分を拭きましょう。冷凍用ジッパー袋に入れ、空気を抜いてから密封し冷凍庫へ入れます。1ヶ月程度保存可能。

冷凍かぼちゃは、凍ったまま煮物や炒め物にします。サラダを作るときは、電子レンジ600Wで3分程度加熱してから調理しましょう。解凍したときに異臭がする場合や冷凍焼けをおこしている場合は食べないようにしてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ