人気のグラタンも。焼きリメイク5選

6. 間違いない組み合わせ。もやしとニラの卵とじ

Photo by macaroni

卵とじは、野菜炒めの簡単なリメイクとしてうってつけ。甘辛いだし汁で煮て卵でとじれば、脇役だった野菜炒めがメインディッシュになりますよ。つゆだくの卵とじは、とろっとやわらかくて格別。子供から年配の方まで好まれる味わいです。

7. ひと手間でごちそうに。えのきだけとニラのチヂミ

Photo by macaroni

少し残った野菜炒めは、チヂミにするとごちそう感が出ます。野菜から水分が出ている場合は、あらかじめ薄力粉をまぶしてからチヂミ生地と和えるとうまくいきますよ。チヂミにはニラを加えると本格的な味わいに。野菜炒めにニラを使っていなければ、追加するといいですね。

8. 具だくさん!オープンオムレツ

Photo by macaroni

オープンオムレツは、手軽に作れてリメイク料理として大活躍するひと品。具だくさんにすれば、食べごたえもアップするため、重宝しますよ。卵焼き器で焼いてカットすると、お弁当にも詰めやすいですよね。中にチーズやウインナーソーセージを加えて、満足感をアップさせるのもおすすめです。

9. お手軽。白菜ときのこのクリームグラタン

Photo by macaroni

とろりと絡むホワイトソースがおいしいクリームグラタンは、人気メニューですよね。ホワイトソースは、あらゆる野菜との相性がいいので、野菜炒めの残りの使い道として最適。鶏もも肉やシーフードミックスなどを入れると、メインディッシュにもなりますよ。

10. 野菜は刻んで加えて。豚玉お好み焼き

Photo by macaroni

簡単なお昼にうってつけのお好み焼きは、野菜炒めのおすすめリメイク料理。すでに味がついている野菜炒めを加えるため、残り物とは思えない味わい深いひと品に仕上がりますよ。野菜を加えるときは、すべて刻んでください。普段ならお好み焼きに入らないような野菜でも意外とマッチします。

野菜炒めの「スープ」リメイク3選

11. 食べ応え満点!ちゃんぽん風スープ

麺が入っていない野菜たっぷりのちゃんぽんレシピ。野菜炒めに豚肉やかまぼこをプラスするとより食べ応えが増しますよ!味噌やオイスターソースを入れるので、旨味もたっぷり。食べ過ぎてしまったという日のリセットごはんとしても重宝します♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ