シメのごはんを食べ過ぎない

すき焼きのシメとして雑炊やうどんなどにするとおいしいですが、ダイエット中はなるべく控えましょう。糖質の摂り過ぎとなり、肥満につながるおそれがあります。

シメを食べる場合は、すき焼きとともに摂るごはんの量を調整しましょう。小さめの茶碗を使ったり、ごはんを計量したりして、食べ過ぎないよう工夫してくださいね。(※1)

すき焼きのカロリーをオフするコツ

赤身肉を選ぶ

牛肉の量を減らすとすき焼きのカロリーを抑えられますが、牛肉をしっかり食べたい場合は牛肉の種類を変えましょう。赤身肉を選ぶのがポイントです。

牛かたロースの場合、脂身付きだと100gあたりのカロリーは240kcalですが、赤身肉では同量で173kcal。約28%のカロリーオフが可能ですよ。(※3)

低カロリーな食材を使う

すき焼きをカロリーオフして食べるには、牛肉の量を減らし、野菜やきのこをはじめとする低カロリーな食材をたっぷり使いましょう。

すき焼きにはしいたけを入れるのが一般的ですが、より低カロリーなしめじやまいたけもおすすめです。また、牛肉を鶏肉に置き換えると、カロリーを抑えられますよ。(※3)

調味料の砂糖に注意

前述した通り、すき焼きの味付けに使う砂糖やみりんは糖質量が多いため、注意が必要です。調味料は計量しながら使い、味付けが濃くなり過ぎないように注意しましょう。

また、市販されているすき焼きのたれのなかには、カロリーを抑えたものがあります。ぜひダイエット中に活用してくださいね。

ダイエット中でもおいしく。すき焼きをヘルシーに食べるレシピ3選

1. 鶏肉と長ねぎのすき焼き

Photo by macaroni

鶏もも肉を使うすき焼きのレシピです。鶏肉は牛かたロース肉より低カロリーなので、ダイエット中におすすめ。また、長ねぎをしっかり焼くことで甘さが増すため、砂糖の量を控えてもおいしくいただけますよ。(※3)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS