たんぱく質

すき焼きの定番具材である牛肉・焼き豆腐・卵には、たんぱく質が豊富です。すき焼き1人前には、約28gのたんぱく質が含まれています。

たんぱく質は、筋肉や皮膚など身体を構成する成分になる栄養素です。抗体の材料でもあるため、不足すると免疫力が低下するおそれがあります。(※2,3,7)

ビタミンB群

すき焼きは、ビタミンB群が豊富な食材をたっぷり摂れる料理です。牛肉や卵にはビタミンB2やビタミンB6が多く含まれています。また、焼き豆腐にはビタミンB1が豊富。

ビタミンB2は脂質の代謝、ビタミンB6はたんぱく質の代謝、ビタミンB1は糖質の代謝に関わる栄養素です。いずれも栄養素をスムーズに利用できるよう助ける作用がありますよ。(※8)

ビタミンC

すき焼きに野菜を入れると、ビタミンCを多く摂ることができます。春菊やねぎなどを使うすき焼きの場合、1人前あたりに約11mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCの主な作用は、コラーゲンの生成に関わって皮膚の健康を保つこと。熱に弱い性質があるため、効率よく摂るには、野菜をゆですぎないようにしましょう。(※2,3,9)

食物繊維

すき焼きの具材である野菜やきのこ、しらたきには、食物繊維が豊富です。とくに、ごぼうのような根菜には食物繊維が多く含まれていますよ。すき焼き1人前あたりの食物繊維含有量は、約6.1gです。

食物繊維には、腸内細菌の増殖を助けたり、便の量を増やしたりする作用があります。便秘対策に役立つ栄養素です。(※2,3,10)

ダイエット中にすき焼きを食べるポイント

野菜から食べる

ダイエット中にすき焼きを食べる場合は、食材を摂る順番を工夫しましょう。食物繊維が豊富な野菜・きのこ・しらたきなどから食べてくださいね。

食物繊維が豊富な食材は噛みごたえがあり、少量でも満腹中枢が刺激されやすいのが特徴です。すき焼きの食べ過ぎ対策になりますよ。すき焼きとは別に、ヘルシーな野菜サラダを付け合わせるのもおすすめ。(※11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS