ライター : 佐々木 梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

二日酔いでも朝ごはんを食べると栄養や水分の補給になる

アルコールが肝臓で分解されると、アセトアルデヒドという成分ができます。アルコールを摂りすぎると、アセトアルデヒドが全身にまわり、二日酔いの症状である頭痛やだるさの原因に。体内のアセトアルデヒドを処理するはたらきには、栄養と水分が必要です。朝ごはんを食べることで栄養・水分補給ができますよ。

吐き気や胸焼けなどの症状がある場合は、無理に食べる必要はありません。体が楽になってきたら、脂肪や刺激物が少なくあっさりとした食べものを選び、朝ごはんを摂るのがおすすめですよ。(※1)

二日酔いにおすすめの食べもの

しじみ

しじみにはアミノ酸の一種であるオルニチンが多く含まれます。オルニチンは肝臓のはたらきを助け、飲み過ぎ・食べ過ぎのときに役立つ栄養素です。さらに、しじみに豊富に含まれるタウリンには、アルコールを分解し疲れた肝臓の細胞膜を強くし、機能を正常に戻すはたらきがあります。(※1,2,3)

乳製品

肝臓でのアルコール代謝には酵素が関わっています。酵素を作り出すために必要となるのがたんぱく質。たんぱく質は数種類のアミノ酸からできていますが、牛乳・乳製品に含まれるたんぱく質は、肝臓に必要な必須アミノ酸をすべて含むことが特徴です。

乳製品を摂ることで肝臓の強化に繋がります。牛乳やヨーグルトなら、食欲がないときでも摂り入れやすいですね。(※3)

梅干し

梅干しに含まれるクエン酸は、アルコールの分解でエネルギーを消費した細胞に、再びエネルギーを生み出すよう促すはたらきがあります。

また梅干しにはナトリウムやカリウムなどのミネラルが豊富です。二日酔いで嘔吐の症状がある場合、不足しやすい栄養素がミネラル。梅干しを食べることで栄養の補給になりますよ。(※4,5)

トマト

お酒を飲むときにトマトを一緒に摂ることで、トマトに含まれる成分がアルコールの代謝に関わる酵素を活性化させ、血液中のアルコール濃度が低下することがわかっています。

二日酔い対策として、飲酒時に取り入れるのがおすすめな食材です。トマトを使ったおつまみを食べるほか、トマトジュースなら手軽に摂取できますよ。(※6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS