ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

そもそも端午の節句ってどんな行事?

端午の節句は五節句のひとつで、桃の節句(3月3日)や七夕(7月7日)と同じく、古来から日本や中国で大事にされてきた行事です。

「端午」の端は「はじめ」という意味を持ち、午は旧暦の5月にあたります。このことから、「端午」は5月最初の午の日を意味していました。のちに、午と五が同じ音であることから、5月5日を「端午」として祝うようになったのです。

厄除け行事が男の子のお祝いに

端午の節句は、日本においては奈良時代から続く行事です。季節の変わり目に、厄除けの意味を持つ菖蒲を飾ったり、薬草であるヨモギを配ったりして、病気や災厄から身を守るという意味を持った宮中行事だったんです。

政治の中心が貴族から武士へと移ると、「武を重んじる」という意味の「尚武(しょうぶ)」が菖蒲(しょうぶ)と同じ音であることから、武家社会で盛んに祝われるように。やがて、家の後継ぎである男の子の成長や一族の繁栄を願う、大切な行事になっていきました。

端午の節句に食べる料理

実は決まりがないんです

実のところ、端午の節句で食べる料理には、特別な決まりがあるわけではありません。そのため、縁起物や子どもが喜びそうなものを用意するといいでしょう。

お祝いの席ではおなじみのタイや海老のほか、出世魚のブリ、「勝男」にかけたカツオや「まっすぐ伸びる」という意味のタケノコなどは、端午の節句にぴったりの食材ですよ。

端午の節句にちなんだ料理

ちまき

ちまきを端午の節句に食べるのは、中国の故事に由来しています。楚(そ)という国の有能な政治家・詩人を供養するために、特別な葉で包んだもち米を河に流したのが始まりで、それから旧暦の5月5日にはちまきを食べるようになりました。

そんなちまきが日本に伝わったのは奈良時代。「ちまき」と呼ばれるようになったのは、邪気払いの意味を持つ茅(ちがや)の葉が使われていたことに由来するようです。

柏餅

ちまきは中国から伝わった風習ですが、柏餅は江戸時代に生まれた日本固有の風習です。昔から神聖な木とされてきた柏には、「新芽が出るまで古い葉が落ちない」という特徴があります。

このことから「後継ぎが絶えない」「子孫繁栄」の意味を持つようになり、柏餅は端午の節句にふさわしい食べ物になりました。
Photos:1枚
兜のかたちをしたクリームチーズ春巻き
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS