こどもの日のメインに!かわいさ満点「鯉のぼり巻き寿司」

こどもの日のメニューにもってこいのかわいさ満点「鯉のぼり巻き寿司」のレシピをご紹介します♪ふりかけで色付けしたご飯と卵を海苔でくるくる巻けば、意外と簡単に作れますよ。必要な具材も少ないので、おうちにあるものですぐに挑戦できますよ。

60 分

材料

(2〜4人分)
  • ごはん200g
  • 海苔(縦21cm×横19cm)2と1/4枚
  • チーズかまぼこ1/2本
  • ゆかり小さじ1杯
  • 青のり小さじ1杯
  • 少々
  • 卵焼き
    • 1個
    • 砂糖小さじ1/2杯
    • しょうゆ小さじ1/2杯
    • 大さじ1杯

下ごしらえ

・ごはんを60g、60g、40g、20g×2の5つに分けておきます。
・青のりと塩を混ぜ合わせます。
・チーズかまぼこは半分の長さに切ります。
・鯉のぼりの目を作るために、直径1cmに海苔を丸く切りとります。
・卵焼きの材料をよく混ぜ合わせ、10cm×3cmの大きさの卵焼きを作ります。

作り方

1

60gのごはんにそれぞれに青のり、ゆかりを入れて混ぜ合わせます。

2

海苔を2枚用意して、1枚目は1/2サイズと1/12サイズ×6枚に切り、2枚目は1/2サイズと1/4サイズ×2枚に切ります。さらに追加で1/4サイズ×1枚と、目として使う直径1~2cm前後の円×4枚を用意します。(全部で、1/2×2枚、1/4×3枚、1/12×6枚、円×4枚です)

3

チーズかまぼこを1/4サイズの海苔で巻きます。

4

ラップを広げ、1/2サイズの海苔の上に白ごはん(40g)をのせて広げ、その上に③をのせて巻き、底面を平らにするようにラップの上から形を整えます。

5

ラップの上に①のゆかりごはんと青のりごはんを、上下にそれぞれ縦5cm×横12cmの大きさに広げ、ラップで包んで縦6等分に切ります。

6

6等分にした⑤を、崩れないようにラップの上から押さえて山型に整え、上から1/12サイズの海苔をかぶせてなじませます。

7

ラップに白ごはん(20g)をのせて10cmの長さにし、指でつまんで山型にします。同様にもう1本作ります。

8

巻き簾に1/2サイズの海苔と、1/4サイズの海苔を少し重ねるように置き、中央に卵焼きを横向きにのせて、その上に④のチーズかまぼこ巻きをのせます。

9

その上に⑥を2本並べてのせ、間に1本、上に2本、間に1本の順で重ねます。

10

最後に⑦を2本のせてしっぽの部分をつくり、両側の海苔を持ち上げて貼り付け、1/4サイズの海苔を上からかぶせます。

11

手前に倒し、巻き簾でしっぽの部分を押さえてくぼませ、包んで押さえながら海苔とごはんをなじませます。

12

濡れ布巾で拭いた包丁で4等分に切り、丸く切った海苔をチーズかまぼこの上に乗せて目をつけたら完成です!

コツ・ポイント

お寿司を切る際は、一度切る度に包丁を濡らすとごはんがくっつきにくくなります。また、ゆっくり均等に切ることで、模様がきれいに作れます。しっぽの部分をしっかりとくぼませるのが、きれいに作るポイントですよ。
▼イベントごとにぴったり!人気の「巻き寿司」レシピはこちら

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう