豆乳

豆乳をはじめとする大豆製品には、大豆イソフラボンが豊富。女性ホルモンの一種であるエストロゲンと、似たはたらきを持つと考えられている成分です。生理中に飲むことで、生理痛を和らげる作用が期待できます。

豆乳なら食事にプラスするだけでなく間食としても飲め、手軽に取り入れやすいですよね。温めて飲むようにし、体が冷えないように工夫するのがおすすめです。(※2)

生理中は貧血を予防する食べ物も取り入れよう

生理中は血液が排泄されてしまうため、鉄が不足しがち。鉄が不足すると貧血になり、立ちくらみやめまいなどの症状が起こってしまいます。生理中は鉄を多く含む食品を摂取して、貧血対策をしていきましょう。鉄はカツオ、イワシ、レバー、ひじき、ほうれん草、小松菜などに多く含まれています。

鉄は、たんぱく質やビタミンCを多く含む食品とともに摂取することで吸収されやすくなります。たんぱく質を多く含む豚肉や卵、ビタミンCが多く含まれているキャベツやさつまいも、オレンジなどを一緒に取り入れるようにしてみましょう。(※6)

生理中におすすめの食べ物を使うレシピ5選

1. からし納豆れんこんもち

Photo by macaroni

シャキシャキのれんこんもちに、納豆を組み合わせて香ばしく焼くレシピです。納豆には生理痛を和らげるはたらきがある大豆イソフラボン、血液の排出により不足しがちな鉄が豊富。れんこんに含まれるビタミンCは、でんぷんに守られていることで壊れにくいという特徴があります。鉄が豊富な食材と、鉄の吸収をサポートするビタミンCを組み合わせ、生理中に役立ちますよ。(※2,6,11)

2. サバのガパオライス

Photo by macaroni

鶏肉の代わりにサバ缶を使う、ひと味違ったガパオライスです。青魚であるサバはEPAが豊富。子宮の収縮を穏やかにし、生理痛を和らげる作用があります。ガパオライスは、唐辛子を入れてピリ辛に仕上げるメニュー。唐辛子に含まれるカプサイシンには、血行を促進し体を温めるはたらきがあります。(※3,10)

3. かぶとしめじの豆乳みそ汁

Photo by macaroni

みそ汁に豆乳を加え、クリーミーな味わいが楽しめるレシピです。豆乳は大豆イソフラボンが豊富。女性ホルモンと似たはたらきをし、生理痛の緩和に役立つ栄養素です。あたたかいみそ汁に加えることで、冷え対策にもなりますよ。(※2)

4. ささみとほうれん草のごま和え

Photo by macaroni

電子レンジで手軽に作れる、作り置きにおすすめのひと品。ほうれん草は、生理中に不足しがちな鉄を多く含む野菜です。鉄が豊富な食材は、鉄の吸収を促す動物性のたんぱく質と一緒に摂るのがおすすめ。たんぱく質が豊富なささみをほうれん草の胡麻和えに加えると、効率的に鉄を摂ることができますよ。(※6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS