ピリ辛明太子で居酒屋風。今日の晩ごはん献立【vol.23】

毎日午後になると、頭を抱えてしまうのが今日の晩ごはんの献立。ある程度決まったメニューのローテーションだと、食べる方も作る方も飽きちゃいますよね。そんなあなたに、これからでも間に合う今晩の献立をご提案します♪ いつもと違う夕食に、家族もきっと喜んでくれるはずです!

2019年10月31日 更新

今日の買いものリスト

今日の献立は、明太子を使った居酒屋系おつまみメニューです。ピリ辛な明太子をはパパのお酒のおつまみにはもちろん、辛さがマイルドでで子どもも喜んで食べてくれそうなメニューを選びました。

ラップを使って手軽に身をほぐす、目からウロコのテクニックもご紹介しています。さっそく材料を見ていきましょう。


・うどん
・明太子
・とろけるチーズ
・長芋
・アボカド

晩ごはんの献立

主食「明太マヨうどんピザ」

チーズがとろける明太マヨうどんピザ

Photo by macaroni

【調理時間:15分 】


明太子は1本ずつラップで包み、片側の箸をはさみで切って指でしごくように粒を取り出しておきます。うどんは袋ごと600wのレンジで1分ほど加熱し、つぶしておきます。熱くなっていることがあるので、やけどに気を付けてくださいね。

フライパンにサラダ油を引いて熱し、うどんを入れてへらでつぶしながら平らに成形し、中火で5分ほど香ばしい焼き色を付けます。両面焼き色が付いたところで明太子を混ぜたマヨネーズ、チーズをのせてふたをし、中火で5分ほど蒸し焼きにしてチーズが溶けたら食べごろです。

器に盛り付けて刻みのりをかけて召し上がれ。うどんは袋ごとレンジ加熱可能なものかを確認してから使ってくださいね。

副菜「シャキほくっ明太長芋チヂミ」

グラスに注がれたビールと黒い皿に盛り付けられた長芋チヂミ

Photo by macaroni

【調理時間:15分 】


皮をむいた長いもをポリ袋に入れて麺棒でたたき、食感が残る程度につぶします。明太子と粉チーズ、調味料を入れてもみ込み生地を作ったら、サラダ油を引いて熱したフライパンに流して両面焼き目を付けます。

皿に盛り付けてお好みで刻みのりを散らして完成です。生地がまとまりにくいときは小麦粉の量を増やして様子を見てくださいね。明太子と粉チーズで味が付いていますが、塩をちょっぴりつけるとおつまみ感覚でさらにおいしく召し上がれます。

副菜「アボカドチップ」

竹のカゴに盛られたアボカドチップ

Photo by macaroni

【調理時間:10分】


サラダで食べる機会が多いアボカドを、ピーラーでスライスしてチップスにしました。パリパリとした新食感は、おやつやお酒のおつまみに最適ですよ。

皮をむいたアボカドをピーラーで薄くスライスします。クッキングシートを敷いた上に重ならないように並べ、塩、粗挽き黒胡椒で下味を付けます。

600wのレンジで2分30秒ほど加熱し、裏返してさらに2分30秒加熱して完成です。加熱時間は様子を見ながら調整してくださいね。固めのアボカドを使うと崩れにくくきれいにスライスすることができます。熱いうちはやわさかいですが、冷めるとパリッとしてきますよ。

こんなにもあった! 明太子の豆知識&お手軽レシピ

白ごはんはもちろん、パスタとの相性も最高の明太子。ピリ辛で旨みたっぷりの明太子は、おつまみだけでなく、さまざまな料理で味の決め手になってくれます。

お買い得な時に買いだめして上手にストックし、おかず作りに役立ててくださいね。

明太子がこんなにも使えるなんて…!

ちょっぴりピリ辛の明太子ですが、マヨネーズやチーズを合わせて使うことでまろやかさがアップし、子どもも安心して食べられるようになりますよ。

そのままごはんにのせるシンプルな食べ方も魅力的ですが、たまにはほかの食材と組み合わせて明太子が主役の料理を楽しんでみてくださいね。

次回のレシピもどうぞお楽しみに♪
▼前回の献立もチェック

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう