ライター : Ryogo

料理ブロガー

掲載パスタレシピ数500以上のブログ「BINANPASTA」を運営しています。そのほかのSNSでも料理に関することを日々発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね! Instagram→@binanp…もっとみる

明太子クリームパスタのおいしさはひと手間で激変する

Photo by Ryogo

こんにちは、Ryogoです。

今回のテーマは個人的にも大好きな「明太子クリームパスタ」!

実はたったひと手間加えるだけで、いつもの数倍おいしく作れちゃうんです。

まずは下の動画を再生して、その正体を探してみてください!
おいしく作るためのポイントとなるひと手間、おわかりになりましたか?

ここから先は、動画では紹介しきれなかったポイントなど説明していきますよ!

大葉は水気を取ってから!

Photo by Ryogo

トッピングに使う大葉は、キッチンペーパーを使って水気をしっかり取ってから刻みましょう。刻んだ大葉がふわっとして、仕上がりの見栄えが良くなります。

クルクルと大葉を細く丸めてから切るのもポイントですよ!

切り終えた大葉は手でほぐしましょう。

パスタのゆで時間に合わせてソースを作る

Photo by Ryogo

調理工程自体はシンプルなこのパスタ。ベースのクリームソースはすぐにでき上がってしまうので、パスタのゆで上がり時間を計算しながら調理するようにしてください。

ちなみに本記事の動画では、パスタのゆで時間を約8分ほどとし、ゆではじめてしばらくしてからソース作りをスタートしました。

ソースの完成とパスタのゆで上がりが同じタイミングとなるようにするのが、おいしく作るポイントのひとつです。

レモンの皮で本格仕上げ!

Photo by Ryogo

ベースのクリームソースにゆで上がったパスタを入れ、2つの具材を加えます。ひとつは明太子。そしてもうひとつが、今回の隠れた主役、レモンの皮

このレモンの皮を削り入れる。これが最初にお伝えしたひと手間、このパスタ最大のポイントです。

レモンの風味はほしいけど、レモンの絞り汁では酸味ばかりが目立ってしまう。レモンの皮を削り入れると、さわやかで上品な香りが加わり、グッと仕上がりが良くなるんです!

余熱も加味して盛り付けに!

Photo by Ryogo

パスタを和えるときは、なんとなく全体を混ぜるのではなく、ソースのとろみ具合を確認しながら作業しましょう。

好みの具合の一歩手前で引き揚げると、余熱でちょうど良い感じに仕上がりますよ。

盛り付けは”色”がポイント

Photo by Ryogo

明太子クリームパスタはトッピングで印象が大きく変わるパスタです。ソースに目立った色の具材が入っていないので、トッピングでは特に色味と配置のバランスを意識してください。おすすめは動画でご覧いただいたような3点盛り。

大葉の緑と刻み海苔の黒だけでは見栄えがパッとしないので、ソースにも入れた明太子をトッピングに使います。
*この明太子はレシピの分量内で間引いておいたものを使いました

赤色が入ることで、一気に見た目が華やかになりますよ!

細かい分量やテキストのレシピは下記のボタンから確認できるので、ぜひ参考にして、作って見てくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS