ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

今日の買いものリスト

今日のメインは、味噌とバターの香りが食欲をそそる秋鮭としめじのちゃんちゃん焼きをアレンジしたおにぎりです。 きのこを使い回して、秋の味覚を存分に味わえる献立になっています。シャキシャキとした食感と芳醇な香りが、いつものレシピをランクアップさせてくれますよ。 ・鮭 ・しめじ ・長芋 ・木綿豆腐

晩ごはんの献立

主食「秋鮭としめじのちゃんちゃん焼きおにぎり」

Photo by macaroni

【調理時間:30分】 味噌をベースにした甘めの調味料に秋鮭としめじを15分ほど漬け込み、味をなじませます。漬け込んだものにバターをのせて、トースターで様子を見ながら10分ほど焼きます。 秋鮭の皮を外して骨を取り除き、身をほぐしたものをごはんに加え、白いりごまとともに混ぜ合わせます。クッキングシートに1個分のご飯を取り出し、ふんわりと三角に握って海苔を巻いて完成です。 ラップだとくっつきやすいご飯も、クッキングシートを使えば何度も繰り返しきれいに握ることができますよ。鮭が大きすぎると握ったときに崩れやすくないので、適度な大きさにほぐしてくださいね。

副菜「長芋の2種漬け」

Photo by macaroni

【調理時間:10分】※漬け込む時間は含みません。 長芋を使った2種の漬物は、食事中の箸休めやおつまみに最高。わさびベースのさっぱり味を、にんにく醤油のパンチがある味わいで食べ比べも楽しめますよ。 調味料a、bをそれぞれ混ぜ合わせ、ジッパー付きの保存袋に分けて入れます。皮をむいて縦半分に切った長芋を入れてもみ込み、冷蔵庫で半日ほど漬け込みます。漬け込んでから2~3日を目安に召し上がってくださいね。 わさびの量は味を見ながらお好みの辛さに調整してくださいね。長芋はある程度太い方がシャキシャキとした長芋らしい食べ応えが楽しめますよ。

副菜「きのこあんかけ豆腐ステーキ」

Photo by macaroni

【調理時間:20分】 豆腐を4等分に切って表面全体に片栗粉をまぶします。フライパンにサラダ油を入れて熱し、豆腐の表面がカリッとするまで転がしながら揚げ焼きします。 別のフライパンにバターを入れて中火で熱し、しめじと舞茸を加えて炒めます。しんなりとしてきたら合わせ調味料を加えて沸騰させ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。器に盛り付けた豆腐にあんをかけ、かいわれ大根をのせて完成です。 木綿豆腐はしっかりと水切りをすることで、味が薄まらずにおいしく仕上がりますよ。きのこはお好みのものを使って食感や味の違いを楽しんでくださいね。

きのこを使ったこんなレシピもあります!

秋の味覚として、コスパのよさと種類の多さが魅力のきのこ。実は冷凍保存することでより旨みがアップするので、余ったきのこは冷凍して、ほかのレシピで上手に活用してくださいね。

コスパよしでヘルシーなきのこで大満足♪

今回はしめじや舞茸を2種類のレシピで使いまわしましたが、エリンギやしいたけなど、きのこの種類を買えると味わいや食感に変化が付けられるので、お好みのきのこで試してみてくださいね。 旬のきのこは香りがよくてコスパが高く、かさ増しとしても使える優秀な食材です。ぜひこの時期にいろいろな料理で味わってくださいね。 明日の献立もどうぞお楽しみに!
▼前回の献立もチェック
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS