ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

晩ごはんの献立

メイン「なすの甘辛照り焼き丼」

【調理時間:20分】 なすはヘタを取り除き、1.5cm幅の輪切りにして水にさらします。ざるにあげてキッチンペーパーで水気をしっかりとふき取り、全体に片栗粉をまぶします。 フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、余分な粉を払ったなすをいれて両面をこんがりと焼きます。混ぜ合わせた調味料を加えて煮詰め、全体に味を絡めます。器にごはん、なす、白いりごま、大葉、きざみ海苔をのせてできあがりです! 仕上げにお好みで温泉卵をトッピングすると、まろやかさが加わってボリュームもアップしますよ。とろみがつきすぎてしまうので、なすの余分な片栗粉は、よくはたいてから焼くようにしてくださいね。

サブ「大根とちくわの煮物」

【調理時間:30分】 こんにゃくはフォークで強めになでるようにして切り込みを入れ、手でひと口大にちぎります。耐熱容器に水とともに入れて600wのレンジで2分加熱し、粗熱を取ったらキッチンペーパーで水分を取り除いておきます。 鍋にめんつゆやオイスターソースなどの調味料を入れ、大根、ちくわ、こんにゃくを加えて中火で沸騰させます。落し蓋をして中火で10~15分加熱し、器に盛って好みで小口ねぎを散らしてできあがりです。 大根にしっかりと火が通るまで、様子を見ながら加熱してくださいね。時間があれば火を止め、そのまま冷ますとさらに味がよく染みますよ。

サブ「旨塩味玉」

【調理時間:20分】 鍋に水を入れて沸騰させ、冷蔵庫から出したばかりの冷たい卵をお玉でそっと入れます。中火で6分半ゆでたのちに氷水に取ってすぐに冷やし、殻を剥いて水分をしっかりとふき取ります。 ボウルに調味料を入れて混ぜ合わせ、ラップをかけて600wのレンジで1分ほど加熱して混ぜ合わせます。ジッパー付きの袋に卵と調味料を注ぎ入れ、軽くなじませます。袋の中の空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で半日~1日ほど漬けたらできあがりです。 保存期間は冷蔵で2~3日ですが、なるべく早めに召し上がってくださいね。半熟卵は柔らかいので、殻をむくとは丁寧に扱ってくださいね。ゆで加減はお好みでどうぞ。作り置きができるので、たくさん作ってラーメンのトッピングやお弁当のおかずにも活用してくださいね。

余った食材はこのレシピでおいしく消費♪

夏に続いて秋もおいしさ継続中のなす。旬のおいしい時期にたくさん食べてくださいね! ほかにも卵や大根の作り置きレシピもまとまっています♪

野菜が主役でも大満足!

お肉や魚がないときでも、味付けひとつでなすが丼に変身する、節約・簡単・おいしいが三拍子そろったレシピでしたね。 味玉や煮物は作り置きできるので、多めに作って翌朝の朝食やお弁当にも活用してくださいね♪ 明日の献立もどうぞお楽しみに!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS