ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

しいたけはいつまでおいしく食べられる?

季節を問わず、さまざまな料理に大活躍のしいたけ。鍋物やみそ汁、炊き込みご飯、煮物、炒め物など、しいたけを入れるだけでおいしい出汁が出て、ぐっと旨味がアップしますよね。そんなしいたけですが、賞味期限が明示されていないことをご存じでしたか? 賞味期限とは、味や風味などの品質を維持できる期間のことを言い、しいたけに限らず野菜などの生鮮食品には明記されていません。というのも、出荷からどれぐらい日にちが経っているのか、スーパーに並ぶまでの期間によって一律で賞味期限を定めることができないからなのです。 ですが、賞味期限が設定されていないとは言え、永遠においしく食べられるわけではありません。しいたけの味や風味を損なわずにおいしくいただけるのは、いったいいつまでなのでしょうか。

常温で保存しても大丈夫?

まずはしいたけの保存方法についてご紹介いたします。 しいたけは春と秋の2回収穫されるきのこで、その90%は水分でできています。常温に置きっぱなしにしていると傘がどんどん黒く変色してしまい、味も風味も失われてしまうのだとか。よって、しいたけを保存する際は常温ではなく、冷蔵庫の野菜室などに入れておきましょう。 季節によっては風通しのいい冷暗所であれば常温でも保存ができるかもしれませんが、なるべく冷蔵庫で保管するのがおすすめです。

冷蔵保存の消費期限

それでは、冷蔵保存した場合のしいたけはどれぐらい日持ちするのでしょうか。保存方法のポイントと合わせてご紹介したいと思います。

冷蔵保存の仕方

冷蔵庫でしいたけを保管する場合、まずスーパーで買ってきたパックから取り出しましょう。取り出したしいたけを新聞紙やキッチンペーパーでしっかり包み、ビニール袋などに入れてから野菜室に入れてください。このとき、しいたけを濡らさないようにするのがポイントです。 しいたけは水気や湿気にとても弱く、直接ラップなどに包むと水滴がついてしまうこともあるため、水滴が付いていたら必ず拭き取ってから保存しましょう。もし土などの汚れが気になる場合も水でじゃぶじゃぶ洗うのではなく、キッチンペーパーなどで丁寧に拭き取ってあげてくださいね。また、野菜室に入れるときは軸を上にするとさらに長持ちしますよ。

保存期間

冷蔵庫にしいたけを入れた場合の保存期間は約1週間です。気温・湿度ともに低い冬場の場合は、常温でも同じぐらいの期間保存することが可能かもしれませんが、夏場ですと半日程度しか持たないため、すぐに使う場合もなるべく冷蔵庫に入れておくことをおすすめいたします。

冷凍保存の消費期限

しいたけを冷蔵保存した際の保存期間と保存法についてご紹介しました。次に、より長く保存したい場合におすすめの冷凍保存についてご説明いたします。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS