ライター : TAMA39

干ししいたけの基本の作り方

Photo by TAMA39

天日干しの干ししいたけは、太陽の恵みをたっぷりと浴びて、生のしいたけよりもビタミンDなどの栄養が豊富です。

市販で売られているものは機械で加工されているものもあるので、お家で手作りして、おいしく安価で栄養たっぷりの干ししいたけを作ってみませんか?

丸干しの場合

材料

1.しいたけの汚れを取る

キッチンペーパーで汚れを落としているしいたけ

Photo by TAMA39

湿らせたキッチンペーパーなどで、泥や表面の埃などの汚れを拭き取ります。しいたけは絶対に水で洗わないでくださいね。

2.石突きを切り落とす

石突きを切ったしいたけ6個

Photo by TAMA39

しいたけの軸の固い先端部分を切り落としておきます。

3.天日干し用のネットに並べる

天日干し用ネットに並べられたスライスしいたけと丸ごとしいたけ

Photo by TAMA39

天日干し用のネットに、しいたけが重ならないように並べます。丸ごとしいたけは、初めは傘の部分を下にして干します。

スライスする場合

材料

1.傘の部分を切り分ける

包丁で切り分けられたしいたけの傘、軸、石突き

Photo by TAMA39

汚れを落としたしいたけをスライスする場合は、傘の部分、軸の部分、石突きの部分と切り分けておきます。使う部分は傘と軸の部分です。

2.スライスする

まな板の上でスライスされたしいたけ

Photo by TAMA39

傘の部分を2~6mmくらいの厚さにスライスします。お好みの厚さでスライスしますが、なるべく均等になるようにスライスしてください。軸の部分も同じ厚さにスライスします。

3.重ならないように並べる

ざるに並べられたスライスしいたけ

Photo by TAMA39

天日干し用のネットまたはざるの上に並べます。ざるにのせた場合、飛ばされないように、日当たりのよい室内で干します。

干し方

1. 日当たりのよい場所で干す

Photo by TAMA39

日当たりのよい場所で日光に当てて干します。ベランダの洗濯用の竿にかけて干すとちょうどいいですね。丸ごとの肉厚しいたけは、ときどきひっくり返してよく乾燥させます。

干ししいたけ作りのコツ

Photo by TAMA39

どんなしいたけを選べばいい?

スーパーで売られている「菌床栽培」の安価なしいたけでも十分ですが、せっかく手作りするなら、旨みの強い、「原木栽培」のしいたけがおすすめ。

秋から春にかけて旬のしいたけがたくさん手に入ったら、ぜひ作ってみてください。

編集部のおすすめ