玉ねぎ

玉ねぎに含まれるケルセチンには抗炎症作用があり、粘膜の炎症を抑えるはたらきがあります。血流をよくしたり、関節痛の症状をやわらげたりするはたらきも期待できるので、風邪をひいたときは積極的に取りたい栄養素です。

また玉ねぎは、粘膜の健康を維持するはたらきをもつにんじん(ビタミンA)と合わせて食べることで、のどからくる風邪対策に役立ちます。(※4,7)

コンビニ・自販機で買える喉にいい飲み物

喉にいい飲み物

  1. 紅茶
  2. 牛乳
  3. はちみつレモン
  4. 野菜ジュース
  5. ココア

紅茶

紅茶に含まれているテアフラビンには、殺菌作用があります。また、インフルエンザウイルスの感染力を抑える作用があると考えられています。

また、ある実験において、紅茶を継続的に飲むと免疫機能が高まることが明らかになっています。喉の痛みをはじめとする風邪対策に役立つほか、風邪にかかったときの重症度を抑えることが期待できますよ。(※8,9)

牛乳

牛乳には、たんぱく質やビタミンAが多く含まれています。いずれも喉の粘液の材料となる栄養素です。喉の粘液は、異物の付着による感染から身体を守るはたらきが。

また、牛乳に豊富なビタミンAには喉の粘膜を守る作用があります。ビタミンAが不足すると、喉の痛みにつながるおそれが。(※1,10)

はちみつレモン

はちみつレモン味のドリンクを飲むことで、喉のうるおいを補うのに役立ちます。また、前述した通り、はちみつには殺菌作用がありますよ。

また、レモンに豊富なビタミンCは免疫機能を高める作用が。風邪をひくと体内でビタミンCが多く消費されるため、意識して摂りたい栄養素です。(※2,11)

野菜ジュース

野菜ジュースは、ビタミンAやビタミンCが多く含まれている飲み物です。前述した通り、ビタミンAは喉の粘液の材料となったり、喉の粘膜を守ったりする作用があります。

また、ビタミンCは免疫に関わる栄養素です。風邪をひいて食欲が落ちたときは、野菜ジュースを飲んでビタミンを補いましょう。(※10,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ