焼いても蒸しても生でも♪アワビのおいしい食べ方や調理法をご紹介!

高級な食材として知られるアワビですが、みなさんどのようにして食べていますか?生でも蒸しても焼いてもとってもおいしいですよね。ここでは、アワビをもっとおいしく調理するコツをご紹介しますよ。ぜひ試してみてくださいね。

2018年1月26日 更新

アワビのおすすめの食べ方

生のまま食べてもとってもおいしいアワビですが、酒蒸しやステーキにすると生とは違った食感や味わいを楽しむことができるのですよ。ここでは、アワビのおすすめの食べ方をご紹介しますね。とっておきのアレンジもお教えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

踊り焼き

踊り焼きは、アワビを生きたまま焼く豪快な食べ方です。さっきまで生きていたアワビなので新鮮そのもの。アワビの旨みをストレートに味わうことができますよ。ひと口食べた瞬間、海鮮の旨みをぎゅっと閉じ込めたような味が口の中に広がります。鼻から抜ける磯の香りで余韻も楽しめますね。

生のアワビがコリコリとした食感であるのと対照的に、踊り焼きしたアワビはとってもやわらか。コリコリとした食感が苦手な方には踊り焼きの方が食べやすいかもしれませんね。

バターや醤油を乗せて焼くと、コクや旨みがプラスされ、食べ応えもアップしますよ。もっとこってり食べたい方はマヨネーズとチーズを乗せて楽しんでみてはいかがでしょう?逆に、さっぱり食べたい方にはポン酢でのアレンジがおすすめですよ。

酒蒸し

酒蒸しは、アワビに酒を振りかけて蒸しただけの単純な料理です。酒蒸しは単純な分、アワビの栄養を逃さず旨みを引き出してくれるのですよ。アワビは蒸すことでとてもやわらかくなり、旨みもアップします。踊り焼きに比べて、よりぷるんとした食感を楽しむことができますよ。

電子レンジでもおいしく作ることができるので、蒸し器がない方でも大丈夫ですよ。電子レンジの方が手間がかからず簡単に作れるので、蒸し器があっても電子レンジで作りたくなってしまうかもしれないですね。

酒蒸しにしたアワビは塩味や旨みがしっかりあるので、なにもつけなくてもおいしくいただくことができます。コクがほしい方はバターを乗せて食べてみてはいかがでしょう。さっぱり食べたい方にはポン酢や柚子胡椒をおすすめします。中華ダレをつけて食べるとまた違った味わいを楽しめますよ。さらに、料理酒の代わりに白ワインを振りかけて蒸すと、洋風な味わいに仕上げることができます。ワインと一緒に楽しみたいときはこちらの方がおすすめですよ。

刺身

アワビそのままの食感や味を楽しみたい方には、刺身で食べる方法が一番おすすめですね。コリコリとした独特な歯ごたえは刺身でしか味わえませんよ。上品な甘みが感じられるのも刺身の醍醐味ですね。

わさび醤油で食べるともちろんおいしいですが、アワビの肝を使った肝醤油で食べると格別なおいしさが味わえますよ。

刺身は余ってしまっても、翌日バター醤油焼きなどにリメイクして楽しむことができます。茶碗蒸しや野菜あんかけの具に使ってもおいしくいただくことができますね。歯ごたえのいいアワビはどんな料理に入れても存在感絶大ですよ。

アワビの「わた」は食べられる?

結論から言うと、アワビの肝である「わた」は食べることができます。身と違って苦みがありクセがありますが、通には大変人気のある部位なのですよ。

包丁で叩いてワサビ醤油で和えたアワビの肝醤油は、アワビの刺身と一緒に食べると絶品だということはすでにご紹介済みですよね。そのほかにも、バター焼きや酢の物として楽しむことができるのですよ。

殻ごと調理する場合

踊り焼きや酒蒸しにする場合は、殻ごと調理するのが一般的です。ここでは、アワビを殻ごと調理する方法をわかりやすくご説明しますよ。

まずは下処理の方法から。下処理はアワビをおいしく食べるための重要な工程ですので、めんどくさがらず必ずおこないましょう。やり方はとっても簡単です。塩をアワビ全体に振りかけ、たわしでぬめりと汚れをこすり落とします。そのあと、さっと水洗いすれば下処理は完了です。

踊り焼きにする場合は、殻側を下にして一気に焼きます。酒蒸しの場合も殻を下にして蒸し器やフライパンで酒と一緒に蒸し上げます。火の通ったアワビは殻から簡単にはずすことができるので、事前に取りはずしておく必要はありませんよ。火の通ったアワビを殻から取りはずしたら、肝の部分を丁寧に剥がしましょう。あとは、適当な薄さに切れば完成ですよ。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ayuren

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう