パプリカパウダーってどんな味?豆知識や活用レシピをご紹介します♪

真っ赤な粉末の香辛料“パプリカパウダー”をご存知ですか?サラダやロールキャベツ、スープなどの仕上げにパラパラっとかけられているアレです。どんなもの?何からできているの?どんな味がするの?などなどパプリカパウダーについてご紹介します。

パプリカパウダーって?

香辛料の一種であるパプリカパウダー。原材料となる「パプリカ」はトウガラシ属トウガラシ科の野菜ですが、辛みの主な成分であるカプサイシンを遺伝子として持たないため、トウガラシのような辛みはほとんど感じられません。パプリカパウダーは、“香辛料”に分類はされますが、実際は辛み成分がないのが特徴です。

パプリカは、元々ハンガリーが原産国の野菜で、ハンガリー語で「ピーマン」を意味します。味はどちらかと言うと、ピーマンやしし唐に似て、甘味のほかにほのかな苦みがあります。

そんなパプリカを乾燥させてパウダー状にしたものが“パプリカパウダー”です。主に煮込み料理をはじめとし、肉、魚料理、スープ、サラダなど、ほとんどの料理に使われています。

どんな味?使い方は?

パプリカパウダーの味

見た目は真っ赤ですが、辛み成分であるカプサイシンは含まれないため辛みは感じられません。どちらかと言うと甘酸っぱいような、ほろ苦いような味をしていて、主に彩りとして用いられることが多いです。

ただし、海外で流通しているものにはトウガラシのような辛みを持つものもあるようですので、輸入の香辛料を使用する際にはくれぐれもご注意くださいね!

パプリカパウダーの使い方

・ハンガリー料理
「グヤーシュ」という牛肉と玉ねぎ、パプリカなどを煮込んだスープ料理や、「パプリカチキン」といってチキンと玉ねぎをトマト缶で煮込んでサワークリームを添えていただくメイン料理などに大さじ1杯ほど加えて使われます。そのほか、キャベッジロール(ハンガリー風ロールキャベツ)、卵やにんじんのサラダの仕上げにと言った感じで、どんな料理にもパプリカパウダーが使われています。

・スペイン料理
「タコのガリシア風」や「アヒージョ」などの風味付けに使用されたり、パエリアの彩りに使用されることもあります。また辛みのあるパプリカパウダーは、スペインの代表的なサラミ(チョリソー)を作るのに使用されます。

日本でも、スープやサラダに彩りとして使われていることが多いです。パプリカ自体はそれほど味が強くないので、気軽にパラパラと使用するのがおすすめです♪

パプリカパウダーを使ったおすすめのレシピ3選

1. ハンガリーの家庭の味♪

パプリカパウダーを使った料理といえば、ハンガリーの代表的料理「グヤーシュ」。じゃがいも、パプリカ、玉ねぎなどを具材に用いたトマトのスープで、パプリカパウダーをたっぷりと使うのが特徴です。こちらはグヤーシュを元に、大根や厚揚げなどを使用したアレンジレシピです。

2. カリフラワーとインゲンのサラダ

お料理の彩りとして使われることの多いパプリカパウダー。こちらのレシピのように温野菜などにトッピングするのもおすすめです。カリフラワーの白×インゲンの緑にパプリカパウダーの赤がプラスされてキレイですね!マリネやマヨネーズを使ったサラダなどと相性抜群です。

3. レンジで作る鶏肉とパプリカパウダーの煮込み

鶏肉、コンソメ、パプリカパウダー、水などを電子レンジにかけます。牛乳を加えて、さらに電子レンジで加熱すればできあがり。とっても簡単ですが、本格的なお料理のできあがりです。スープが赤い色をしていますが、こちらはトマトではなくパプリカパウダーを使用しているんですよ!

パプリカパウダーは代用できる?

パプリカパウダーは香辛料として販売されていますが、少量で鮮やかな赤い色を出すことができる調味料です。主に彩りを加えるために使われるのですので、もし手に入らない場合、出来栄えを気にしないようであれば省いても問題ありません。

もし代用したいというのであれば“トマトパウダー”を使うのがおすすめ。こちらもトマトの風味を感じられる程度で、クセがなく彩りを加えるという意味では使いやすいようです。

お料理に辛さをプラスしても、味に問題がないようであれば“チリペッパー”の方がお手軽かもしれません。パプリカのほかに食塩、クミン、赤唐辛子、オレガノ、ガーリックが入ったミックススパイスです。

料理の仕上げに赤い彩りをプラス

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう