ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

喉が痛くなる原因

喉には、空気中から取り込んだ異物を外に出すというはたらきがあります。しかし、喉が乾燥すると防御機能が低下し、炎症につながるおそれが。喉が炎症を起こすと、神経が刺激されて痛みをおぼえます。

また、ウイルスや細菌に感染することも喉が痛くなる原因のひとつです。この記事では喉によい飲み物を紹介しますが、セルフケアで喉の痛みが治まらない場合は、病院の診察を受けてくださいね。(※1)

喉の痛みを緩和する代表的な食材・食べ物

はちみつ

喉の不調を感じたときに食べる食品として真っ先に思い浮かぶのが、はちみつですよね。特有のとろみがあるはちみつは、喉のうるおいを保つ食材です。乾燥による喉の不快感の対策に役立ちます。

また、はちみつには抗菌力があり、雑菌による感染を抑えてくれますよ。アメリカの研究では、はちみつには咳の反射中枢を抑える作用もあることが明らかになっています。(※1,2)

しょうが

しょうがの辛味成分のひとつであるジンゲロールには、強い殺菌作用があります。また、身体の表面を温めたり、発汗を促したりする作用があり、喉の痛みをはじめとする風邪の症状を和らげるのに役立ちますよ。

なお、ジンゲロールは生のしょうがに多く含まれており、加熱するとショウガオールに変化します。喉によい飲み物を作るときは、ぜひ生のしょうがを使ってくださいね。(※3)

大根

大根の辛味成分であるイソチオシアネートには、喉の炎症や咳を抑える作用や殺菌作用があります。根の先端に近づくほどイソチオシアネートの量が増えるので、喉が痛いときは根の先端付近を使うのがおすすめです。

また、大根に多く含まれるビタミンCを風邪のときに摂ると、風邪の症状が早く収まると言われています。毎日の食事で意識しながら摂り入れてみましょう。(※4,5,6)

にんじん

にんじんには、免疫力を高めてくれるβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンAなどが豊富に含まれています。特にビタミンAは、鼻や喉の粘膜を健康に維持するはたらきがあるため、風邪対策に役立つ栄養素。千切りにしてサラダに加えたり、温かいスープにしたりするのもおすすめです。(※4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ