ライター : ochiiii

管理栄養士

管理栄養士として高度急性期病院に勤務後、現在は病院とクリニックでの栄養指導に加え特定保健指導の実施、ライターとして活動中。 皆様の生活が豊かになる一助となれますように頑張り…もっとみる

喉にいい食べ物ってあるの?

喉に直接きくという科学的根拠のある食材はありませんが、食材に含まれている成分で喉の症状を和らげることが期待できるようです。喉の調子がよくないと感じたら早めのセルフケアをおこなうことで風邪の悪化を防ぐことにつながります。 ですが、この食品だけ食べていれば大丈夫というわけではないので、ストレスをためない生活を心がけたり、免疫力をアップさせたりすることにも気をつけながら予防をしてくださいね。

喉にいい食材は?

生姜

生の生姜に多く含まれているジンゲロールという成分は、体内に入り込んだ細菌やウイルスを殺菌する作用があるといわれています。 加熱した生姜に含まれるショウガオールは、血流の流れを良くして体を温めてくれるといわれています。風邪予防には生の生姜を、風邪をひいたときは加熱して食べるなど、症状によって使い分けられるといいですね。(※1)

大根

大根をすりおろしたり切ることで生成される辛み成分、イソチオシアネート。この成分はせきや、のどの炎症を抑えてくれるといわれています。根の先端に近づくほどイソチオシアネートの量が増えるので、喉が痛いときは根の先端付近を使うのがおすすめです。 同じく大根に含まれるビタミンCは、風邪をひいたときにとると、風邪の治りをはやめるとも言われていますので、毎日の食事で意識しながらとりいれてみましょう。(※2,3,4)

きんかん

咳やのどの痛みに効果的といわれている果物、きんかん。のど飴にも使われている、なじみのある食材ですね。きんかんには炎症、細菌が増えるのを抑えてくれるはたらきがあるといわれています。 また、きんかんに含まれるヘスペリジンという成分はビタミンCの吸収率を高める効果があるため、風邪予防にも役立ちます。柑橘類の皮に多く含まれているため、皮ごと食べるきんかんは、ヘスペリジンをあますことなくとることができます。(※5,6)

はちみつ

喉の不調を感じたときに食べる食品として真っ先に思い浮かぶのが、はちみつですよね。はちみつは喉のうるおいを保つのに役立ち、雑菌の感染を抑える抗菌力もあるといわれていますよ。特有のとろみも喉の不快感を和らげるのを助けてくれます。アメリカの研究では、はちみつには咳の反射中枢を抑える作用もあると論文で発表されています。 さらに、口内炎や口角炎にも良いとされているため、風邪気味で口の中が荒れてしまったときにも役立ちますね。(※7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS