ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

生姜ココアとは?

Photo by 長曽我部真未

生姜ココアとはその名の通り、ココアにすりおろしの生姜を入れるドリンクです。ココアのまろやかな味わいのあとに、生姜がふわっと香ります。

ココアと生姜それぞれのはたらきを一緒に取り入れることができ、健康や美容にもよい作用が期待できるドリンクです。

生姜ココアに期待できる4つの効果

効果

  1. 便秘対策
  2. 血圧を下げる
  3. 冷え性対策
  4. ダイエットをサポート

便秘対策

生姜に含まれる香り成分のガラノラクトンや辛味成分のジンゲロールは、血管を広げ、血流をよくするはたらきがあります。血流がよくなると、排便が促され便秘対策につながりますよ。また、ココアは不溶性の食物繊維が豊富です。不溶性食物繊維は胃や腸で水分を吸収して膨らむことでかさが増し、腸を刺激して便通を促します。(※1,2,3)

血圧を下げる

生姜は血管の収縮に関わる酵素のはたらきを阻害したり、血管を拡張させて血流をアップしたりして、血圧を下げる役割があります。ココアのポリフェノールであるカカオポリフェノールにも、血管を広げる作用がありますよ。(※1,4,5)

冷え性対策

生姜に含まれているガラノラクトンやジンゲロール。血管を拡張させて血流をアップするはたらきがあり、冷え性対策に役立ちますよ。生姜を加熱すると、ジンゲロールの一部はショウガオールという熱を作り出す成分に変わり、体を温める役割もあります。

ココアの冷え性に関する実験では、ココアを摂取した人の体表面温度は、ほかの飲み物を飲んだ人よりも長く温度上昇を維持したそうです。これは、ココア摂取によって血流量が変化したことによるものと検証されています。(※1,2)

ダイエットをサポート

生姜の辛味成分ジンゲロンには、脂肪の燃焼を促進するはたらきがあります。生姜ココアを飲んだあとに有酸素運動をすると、さらに作用がアップするのでおすすめです。ココアのカカオポリフェノールには、脂肪の蓄積を抑制する効果があります。(※1,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ