管理栄養士が教えるココアの効能。アレンジレシピでプラス効果も!

ココアは、美容によい、健康に優れているなどと耳にしたこともあるのではないでしょうか。その一方で一体何がいいのだろうかとココアの効能に疑問を持つ方もいらっしゃいますよね。そんなあなたへ、ココアの効能とおすすめの取り入れ方をご紹介いたします。

2018年12月3日 更新

甘いだけじゃない?ココアの魅力はご存知ですか

寒い季節になると飲みたくなるココア。甘い香りと濃厚な味わいでブレイクタイムにぴったりなので、嗜好品として飲んでいる方も多いでしょう。

しかし、ココアにもさまざまな成分が含まれており、多くのうれしい効果が期待できるのです。今回は「おいしい」だけじゃないココアの魅力を紹介します!

そもそもココアの原料ってなに?

ココアの原料は「カカオ豆」。チョコレートの原料としてご存知の方が多いのではないでしょうか。実は、ココアとチョコレートは途中の工程までは同じ。カカオ豆を砕いて皮などを取り除き、炒りさらにすりつぶすことで「カカオマス」ができ上がります。

この「カカオマス」から「ココアバター」を取り出したものを「ココア」、「カカオマス」にさらに「ココアバター」を加えたものが「チョコレート」となります。(※出典1)

ココアに含まれる成分とは?

カカオポリフェノール

ポリフェノールは食物に含まれる色素や苦みの成分を指します。活性酸素を除去したり発生を抑制したりする働きを持つと言われています。活性酸素は増えすぎると人体に悪い影響があると言われているため、なるべく増やしたくないもの。(※出典2)ココアはコーヒーや紅茶などに比べて、特にポリフェノールの含有が多い飲み物です。

リグニン

リグニンは、不溶性食物繊維のひとつ。便の体積を増やす材料となるとともに、大腸内の腸内細菌に利用され便秘予防や腸の働きを正常にするとも言われています。(※出典3)
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう