試合前におすすめの食事は?スポーツジュニアをもつママさん必見!

スポーツでパフォーマンスをあげるために、試合前の食事はとても重要です。脂質の取り過ぎに注意をしながら、十分なエネルギーと栄養を食事で補う必要があります。そんなスポーツジュニアをもつママさんに、ヘルシーかつ栄養満点な料理のポイントをお伝えします。

2019年11月25日 更新

6. 【主菜】ささみのみそチーズ焼き

Photo by macaroni

筋をとって開いたたささみに味噌だれを塗り大葉とチーズをのせてトースターで焼くだけ。 ささみは高たんぱくで低脂肪のためスポーツをする子供たちとにも嬉しい食材です。脂肪分も少ないので、胃もたれせずパクパク食べられます。

7. 【副菜】レンジで作る定番おかず。ひじきと大豆の五目煮

Photo by macaroni

和食の定番メニューのひじきの五目煮はレンジで簡単にできます。市販のめんつゆを使えば少ない調味料で作ることができます。加熱したひじきは粗熱が取れるまでラップをかけたまま置くことで、ふっくらと仕上がるのがポイント。緊張で食欲がない日はごはんに混ぜて栄養を摂ろう。

8. 【副菜】きのことさつまいものガーリック炒め

Photo by macaroni

細切りしたさつまいもときのこをにんにく風味で炒めたひと品。さつまいものほのかな甘みがあり、エネルギー源でもある炭水化物も豊富。 食欲がないときでもにんにくの香ばしい香りが食欲をそそいでくれます。さっと炒めるだけなので、簡単にできあがります。

試合前の献立「前日夕食編」

9. 【主食】だし香るかきたま親子うどん

Photo by macaroni

鶏もも肉と長ねぎを和風だしでゆで、溶き卵をレンジ調理したうどんにかけた親子あんかけうどん。 うどんは消化も良く、ササっと食べられるので、試合前日の食事にむいています。鶏肉と卵はたんぱく質が豊富で、体づくりに欠かせない食材です。

10. 【主菜】香ばしふっくら。たらのごまみそホイル焼き

Photo by macaroni

彩りの良い野菜の上に鱈をのせて、ごまみそだれを塗って焼いたら完成。鱈は脂質の少ない淡泊な魚なので、試合前にも消化がいいので安心。 ホイルに包んで焼くことで、ふっくらした食感と、香ばしい味噌だれが食欲をそそるひと品に。

11. 【副菜】くずし豆腐とアボカドのチョレギサラダ

Photo by macaroni

ヘルシーで高たんぱくな豆腐を崩し、ビタミンたっぷりの野菜と和えたチョレギサラダ。 ビタミンは、炭水化物がエネルギーになるのを助けてくれる働きがあります。炭水化物、たんぱく質だけでなく、野菜も一緒に摂ることをおすすめします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS