水分補給をする

お酒を飲むとトイレの回数が多くなり、体は脱水の状態になりがちです。お酒を飲むときは一緒に水を摂取することによって脱水の状態になるのを防ぎましょう。 トマトやキュウリなど水分を多く含む食べ物を食べたり、お味噌汁を飲むのもオススメです。(※5)

適量を心がける

お酒を飲める量は人それぞれです。自分に合った適量を心がけるようにしましょう。 飲み会だからと普段よりたくさん飲んだり、まわりのペースに合わせてお酒を飲んでしまうと、血中アルコール濃度が急激に上昇してしまい、一気に酔いが回ってしまうこともあります。無理をせずに食事と一緒にゆっくりとお酒を楽しむようにしましょう。

食べものを意識してお酒の代謝を促そう

ビタミンB1を含む食べものを食べる

ビタミンB1はアルコールを代謝する際に必要な栄養素。お酒を飲むとアルコールを代謝するためにビタミンB1が大量に消費されてしまいます。(※6)次の日にアルコールを持ち越さないためにも、ビタミンB1を含む食品を摂取するようにしましょう。

ビタミンB1が含まれている食材はこれ!

ビタミンB1は主に豚肉、レバー、豆類、きのこ類、胚芽米に多く含まれています。豚肉には特にビタミンB1が多く含まれているといわれているので、積極的に摂取するようにしましょう。(※7)

タウリンが含まれているものを食べる

タウリンはアミノ酸の一種で、肝臓の機能を高めたり、コレステロールの吸収を抑えたりする働きがあります。 お酒を飲むと、摂取したアルコールを分解しようとして肝臓は活発に動きます。タウリンは肝臓の機能を高めてくれるため、摂取することによりアルコールを代謝するための手助けをしてくれます。(※8,9)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS