ライター : tsukada_miki

栄養士

大学で栄養学、調理学を学び、食に関する様々な知識を習得。 食事や栄養に関する情報をわかりやすくみなさまにお届けできればと思います。

お酒を飲むとどうして頭痛が起きるの?

アセトアルデヒドによる作用

アルコールにより起こる頭痛は、アルコールが分解されることによってできるアセトアルデヒドが体内に溜まり、脳の血管を広げることで引き起こされるといわれています。(※1) 特にお酒が弱い人では、アセトアルデヒドを分解する働きが弱いので、アセトアルデヒドが体内に溜まりやすく、お酒が強い人に比べるとアルコール頭痛になりやすいとされています。(※1)

脱水症状による作用

お酒を飲むとアルコールによる利尿作用でトイレの回数が多くなり、普段よりもたくさんの水分が体外に排出され脱水の状態になります。(※2) アセトアルデヒドを分解するためには水が必要なので、体が脱水の状態になるとアセトアルデヒドの分解が遅れてしまいます。そのためアセトアルデヒドを尿として体外に排出することができなくなり、結果的に頭痛の症状を引き起こしてしまいます。(※2,3)

頭痛になりやすい、なりにくいお酒の種類は?

お酒を飲むことによる頭痛などの二日酔い症状は、お酒に含まれる不純物が関係しているといわれています。不純物が多く含まれているお酒を飲むと肝臓でのアルコール代謝の効率が落ちてしまい、頭痛の症状が出てしまうのだとか。(※1) 不純物が多く含まれているとされているのは醸造酒で、おもに日本酒、ビール、ワインなどのお酒です。一方、蒸留酒と呼ばれる焼酎、ウォッカ、ウイスキー、ブランデーなどは、醸造酒を沸騰させることにより不純物が取り除かれているものなので、頭痛になりにくいようです。(※1)

お酒を飲むときにできる頭痛の予防対策

空腹を避ける

空腹での飲酒はアルコールの吸収が早くなり、いつもより酔いが早く回ってしまったり、胃が荒れたりしてしまうことがあります。(※4) 飲む前に軽くおつまみを食べるなど、お腹を満たしておき空腹での飲酒は避けるようにしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS