ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

10位「豚肉とかぼちゃのごま味噌炒め」

味噌を使ったこっくりとした味付けが食べやすい「豚肉とかぼちゃのごまみそ炒め」のレシピです。かぼちゃはあらかじめレンジで加熱しておくことで、炒め時間を大幅に短縮できますよ。 味噌を溶かした合わせ調味料を加えたら、仕上げにすりごまをふりかけてコクをプラス。ごまをプラスするだけで、味の絡みもぐっとよくなりますよ♪

9位「ほくほくかぼちゃのすき煮」

牛肉の旨みが染みわたったかぼちゃが絶品の「すき煮」のレシピは、寒くなるこれからの季節にぴったり。 フライパンに油を敷いて牛肉の色が変わるまで炒めたら、かぼちゃと調味料を加えて紙で落し蓋をし、15分ほど煮込んで完成。ゆっくりと冷ますことで味がよりしみ込むので、多めに作って常備菜にするのもおすすめですよ。

8位「ほっくり塩昆布の無限かぼちゃ」

無限に食べられるほどおいしい、無限○○シリーズの秋バージョン「無限かぼちゃ」のレシピです。食べやすい大きさにカットしたかぼちゃにごま油をまぶしてレンジでチン。塩昆布とツナを加えて、混ぜればあっというまに完成です。 ツナの旨みと塩昆布の塩分があるので、調味料は不要。手軽にできるのに止まらないおいしさで、秋の食卓を席巻すること間違いなしのレシピです。

7位「豚肉の塩昆布炒め&かぼちゃのそぼろ煮晩ごはん」

鶏肉の旨みをぎゅっと吸ったかぼちゃの味わいがクセになる「かぼちゃのそぼろ煮」はレンチンでできるお手軽おかず。 ひき肉と調味料を混ぜたら、カットしたかぼちゃを重ねてレンジで加熱します。さらに水溶き片栗粉を加えてとろみを付けたらあっという間に完成。すりおろしたしょうがを加えることで肉の臭みを消し、すっきりとした味わいに仕上げています。

6位「しっとりかぼちゃようかん」

つぶしたかぼちゃに寒天と砂糖を加え、固めなおした「しっとりかぼちゃようかん」は、食べてみるとそのしっとりさ加減に感激。砂糖と塩だけのシンプルな味付けでかぼちゃの味わいが引き立ち、まるで上品なテリーヌを食べているような気分になりますよ。 寒天はゼラチンと比べて固まるのが速いので、急いでいるときのおやつにもぴったり。ナチュラルなかぼちゃの甘さが光るようかんは、大人も子どもも楽しめるおすすめのベジおやつです。

5位「基本のかぼちゃのきんぴら」

いつもはごぼうやにんじんを使うきんぴらも、秋はかぼちゃで鮮やかな黄色に衣替え。細くカットしたかぼちゃをサラダ油で炒め、砂糖やしょうゆでシンプルに味を付けます。仕上げに白ごまをふって完成。 かぼちゃの細さによって加熱時間が変わってくるので、様子を見ながら炒めてくださいね。太めにカットした場合は途中で水を少量加え、蓋をして蒸し焼きにすると火の通りがよくなりますよ。おかずというよりはおやつ感覚でパクパクいけちゃう、しみじみおいしいきんぴらです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS