じっくりコトコト!やわらか「豚の角煮」のレシピ&おすすめ献立5品

肉厚なのにとってもやわらかく、とろりととろける「豚の角煮」。食べ応えも抜群で、定食や献立のメインとしても人気のひと品です。作るのに手間がかかりそう、とあきらめていた方も必見。ポイントを抑えれば、あとは煮込むだけ!のやわらか「豚の角煮」の作り方をご紹介します。

2019年9月19日 更新

ふわとろ♪ しみしみ「豚の角煮」(調理時間:30分)

卵が入った豚の角煮

Photo by mau_naka

※調理時間は、煮込み時間・寝かせる時間を除く
下ゆでから味付けまで、段階を分けてじっくりと煮込む豚の角煮の作り方です。お肉はふわふわ、脂もとろとろ♪ ゆで卵も一緒にいただける味わい深いひと品ですよ。

材料(2人分)

豚の角煮の材料

Photo by mau_naka

・豚バラ肉ブロック……1本(350g程度)
・ゆで卵……2個(水から入れて弱火で12分ゆでたもの)
・しょうがスライス……3枚
・酒……100cc
・醤油……大さじ1.5杯
・みりん……大さじ2杯
・砂糖……大さじ1杯

コツ・ポイント

ふわとろに仕上げるコツは、弱火でていねいに煮込むこと。調味料を加える順番も大切なポイントです。アク抜きや、下ゆでをすることにより、臭みもなく、余分な脂も気にならない、さっぱりとした仕上がりになりますよ。

作り方

1. アク抜き

豚肉からアクが出た様子

Photo by mau_naka

鍋に豚バラ肉を入れ、被るくらいの水を入れて火にかけます。沸騰してアクが出れば、ザルに上げましょう。

2. 下ゆで

豚肉に串を通す様子

Photo by mau_naka

鍋をサッと洗い、再度、豚肉と水を入れて火にかけます。沸騰すれば落し蓋をし、60分~80分弱火で煮込みます。豚肉に串がスッと通ればOKです。粗熱が取れれば、フタをして冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。

3. 煮込む(臭みとり)

白く固まった脂をお玉ですくう様子

Photo by mau_naka

表面に浮いて固まった脂はすくって捨てておきます。豚バラ肉を取り出し、5cm幅ほどに切り分けてからゆで汁に戻します。しょうがスライスと酒を加え、落し蓋をして弱火で30分煮込みましょう。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう