コーヒーを上手に楽しもう

目覚めの一杯や昼間の眠気覚ましに、またリフレッシュしたい時にコーヒーを飲むという人も多いかもしれません。最近では、コーヒーは、心身ともに良い影響があると言われるようになりましたが、大切なのは飲む量とタイミングです。 身体に良いと言われているからと言って、過剰に摂取することは、逆に健康を脅かすことになり兼ねません。飲み過ぎや時間帯に気を付けながら、上手に毎日の生活に取り入れてくださいね。
【参考文献】
(すべて2019-08-02 参照)
【文】管理栄養士/四宮 望
神奈川県横浜市出身。大手委託給食会社、モデル、OL、料理家アシスタントを経験。現在は、「食べて体の内側から健康美を作る、食を通して笑顔を作る専門家」としてコラム執筆、FOODEX美食女子award審査員、出張料理、自身の企画する「美食料理講座」などで活動中。
【監修】管理栄養士/藤橋ひとみ
I's Food &Health LABO.(アイズフードヘルスラボ)代表 毎日の食事で心身のトラブルを予防・改善できる社会の実現を目指し、フリーランス管理栄養士として活動中。 東京大学大学院、医学博士課程在籍。EBN(科学的根拠に基づく栄養学)の考え方を大切に、コラム執筆・監修、メディア出演等、健康情報を伝える活動や、食と健康の専門家のスキルアップ支援をおこなう。大の大豆・発酵好きで、国内外にてその魅力を発信している。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ