ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

10位「揚げ出しポテト」

Photo by macaroni

揚げ出し豆腐のようにも見えますが、実はじゃがいもを使った「揚げ出しポテト」なんです。和風出汁のあんをかけた、やさしい味わいのおかずです。 一度レンジで加熱してから揚げれば、揚げ時間も大幅に短縮できますよ。表面はカリッと、なかはほっくほくの食感に。片栗粉の衣をまとわせれば、薄味でもしっかりとあんが絡み、主役ではないけれど、また食べたくなるほっこりとした味わいです。

9位「コンビーフポテトのホットサンド」

Photo by macaroni

じゃがいもとコンビーフを使った、ちょっぴり豪華なホットサンドのレシピです。ホットサンド専用の機械を使わずに、フライパンだけで焼けるんですよ。 具をサンドしたパンをバターを溶かしたフライパンにのせたら、お皿で重しをしてプレス!裏返して同様にプレスしたら、機械で作ったかのようなこんがりホットサンドの完成です♪ カリカリに焼けたパンから溶け出すのは、とろりととろけるチーズ。週末のブランチにゆっくり味わいたい贅沢サンドです。

8位「麻婆新じゃがいも」

Photo by macaroni

豆腐の代わりにじゃがいもを使った「麻婆じゃがいも」は、ごはんのおかわり必須のピリ辛味。豆腐よりも満足感があるので、食べ盛りの子どもにも喜ばれそうですね。 じゃがいもはフライパンでじっくりと焼くことで、甘みが増します。すっと竹串が通るようになったら、加熱完了のサイン。ごはんにたっぷりかけて召し上がれ。

7位「じゃがいもと豚バラのコチュジャン炒め」

Photo by macaroni

コチュジャンを使ってピリ辛味に仕上げた「じゃがいもと豚バラのコチュジャン炒め」は、パパのビールも子どもたちのごはんもすすむ、鉄板味。 じゃがいもはあらかじめレンジで加熱して、炒める時間を短縮しています。どんな食材もごはんの供に仕立ててくれるコチュジャンは、偉大です。

6位「もっちりほくほく!いももちチーズドッグ」

Photo by macaroni

見た目はアメリカンドッグですが、食べてみるとホクホクのじゃがいもが♪ なかにはウインナーとチーズが隠れた、子どもウケ抜群のチーズドッグは夏休みのおやつに常備したいひと品です。 なるべくじゃがいもを細かくつぶすことで、形が崩れにくくなりますよ。ウインナーをカットして、ミニサイズで作ってもかわいいかも!

5位「玉ねぎとじゃがいものポテトサラダ」

Photo by macaroni

じゃがいもレシピといえば外せないのがポテトサラダですよね。野菜の色合いもじゃがいものホクホク加減も、まさに完璧な家庭料理の定番です。 ゆでたまごをプラスすれば、ボリュームも彩りもさらにアップするので、試してみてくださいね。玉ねぎの辛さが苦手なら、一度レンジで加熱してみて。辛みが和らいで、食べやすくなりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS