ボリューム満点!まんまる「ばくだんおにぎり」の作り方

黒くて大きくて丸い物体!いったいこれはなに!? となりますよね。地味な外見からはわからないおいしさを秘めたこの物体「ばくだんおにぎり」。おかずとご飯を手のひらサイズにおさめたボリューム満点のおにぎりは持ち運びやすくてお弁当にもおすすめです。そんな沖縄発祥のおにぎりをご紹介します。

2019年8月6日 更新

ライター : cestalavie

食べるの大好き、新しいこと面白いこと大好き、ついでにネコも大好きの好奇心のままに生きる女☆ヨガや耳つぼなど、心と体のつながりを探求中。どうぞよろしく!

ばくだんおにぎりの作り方

Photo by cestalavie

「ばくだんおにぎり」は、沖縄県糸満市の発祥で、元祖は大きな丸いかまぼこの中におにぎりが入っています。外見やインパクトの大きさから「ばくだん!」という名称になっています。糸満市周辺や観光地、またはお祭り会場でよく売られています。

Photo by cestalavie

元祖はかまぼこの中におにぎりが入っているのですが、それから派生して、唐揚げや煮卵など通常ならおにぎりに入れない具材を入れて、のりでまん丸に包んだものもばくだんおにぎりと呼ばれるようになっています。 具材はお好みでいろんなものを入れることができ、のりで完全に包んでしまうので型崩れの心配もないので、お弁当としてもおすすめです。

材料(おにぎり2個分)

Photo by cestalavie

(すべて適量。※お好みで量を調整) ・ご飯 ・焼肉 ・ほうれん草のナムル ・紅生姜 ・塩シャケ ・漬物(たくあん、高菜) ・焼きのり

作り方

1. ラップでおにぎりを作る

Photo by cestalavie

ラップを使わずに、手で直接にぎることもできますが、形が整えやすいということと衛生的であること、そして熱いご飯でもにぎりやすいというメリットがあります。

Photo by cestalavie

おにぎりに入れる具材はお好みでいろいろな食材をそろえると、作るのはもちろん食べるときも、どの具材が出てくるかワクワクして食べるのが楽しくなります。

2. のりでおにぎりを包む

Photo by cestalavie

用意した焼きのりにラップで丸く形を整えたおにぎりをのせて包み込んでいきます。

包み方

3. おにぎりをノリで包む

Photo by cestalavie

あらかじめ焼きのりの下にラップをしいておくと手にくっつきにくく包みやすくなります。ラップで包んだあと、そのままお弁当として職場や学校、またはお出かけ先に持っていくこともできます。

作るときのコツ

Photo by cestalavie

焼きのりはあらかじめ4隅から中心に向けて、切り込みを入れておくと、おにぎりを包むときにシワが寄らずにきれいに包むことができます。ちょっとしたひと手間ですが、仕上がりが変わってきます。

特集

FEATURE CONTENTS