ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

おにぎりの具材の人気ランキングを調査!

<調査概要>対象:macaroni読者(20〜60代の男女)/ 調査期間:2021年6月11日〜6月17日 / 方法:macaroni記事で募集 / 回答者数:300名
日本の国民食のひとつ、おにぎり。最近では定番の具材だけでなく、洋風のものや変わり種のものまで、さまざまな種類が登場していますよね。

そして6月18日はおにぎりの日!石川県旧鹿西町(ろくせいまち)から日本最古の「おにぎりの化石」が発見されたことにちなんで制定されたそうです。そこでmacaroniでは、「一番好きなおにぎりの具」のランキングを調査し、約300名にアンケートを取りました!1位に輝くのははたして……。

【10位】ほどよい塩気とプチッと食感が楽しい「たらこ」

10位に選ばれたのは、プチッとした食感とほどよい塩味がごはんによく合う「たらこ」。

たらこを選択した人たちからは、「よく焼いたもの、半生、生のままと、バリエーションが楽しめるところが大好き」「つぶつぶ感と、ごはんのしっとり感の相性が最高……」という声が集まりましたよ。

たしかに、ほかの具材と大きくことなる点は、さまざまな火入れ具合で味を楽しめるというところかもしれませんね。なかには「たらこは焼かずに絶対生!」なんて人も。

【9位】贅沢な気分を味わえる「いくら」

9位は高級食材のひとつ「いくら」。お寿司の人気ランキングでも上位に入る食材ですよね。「寿司気分で食べられるから、贅沢感がある」という人もいましたよ。

「魚卵がとにかく好き……」「プチプチ感が食べていて楽しい」など、おにぎりに入ってると気分が上がるという意見が多かったように感じます。「鮭といくらの組み合わせが一番!」と、贅沢な組み合わせをあげる人も。

【8位】お米の旨みをもっとも引き出す「塩」

シンプルかつ、ごはんの味わいを一番ダイレクトに感じられる「塩」が8位に選ばれました。これぞ日本の味ですよね。「お米の旨みを一番感じられる」「お米本来の味を楽しめる」と、お米好きの人に大人気のようです。

「子どもの頃から一番馴染みがあるし、飽きない」「シンプルが一番」と、いうコメントもちらほら。

なかには「具があふれる心配がないので食べやすい」と、意外な着眼点で高評価を残す人も。たしかに、塩むすびはほかのおにぎりとちがって、車の中や歩きながらでも手軽に食べやすいかもしれませんね。

【7位】ごはんに染みる味がクセになる「昆布」

Photo by macaroni

「ごはんに味が染みているのがとにかくおいしい!」という意見が圧倒的に多かった「昆布」が7位に!市販のものはもちろん、手作りして作り置きでも楽しめるのが嬉しいですよね。

「昆布は出汁が染みていて、ごはんとの一体感を一番感じられる」「冷えても楽しめる食材ナンバーワン!」と、昆布の優秀さを語るコメントがたくさん集まりました。

「子ども時代から、よくお母さんが作ってくれたので今でも思い出の味」「小さいときにお母さんが昆布で顔を作ってくれて、楽しかった」なんて、ほっこりするエピソードもありましたよ♪
関連記事はこちら▼

【6位】親しみのある家庭の味「おかか」

6位にランクインしたのはかつお節で作る「おかか」。シンプルな醤油味が、ごはんに染みておいしいんですよね……。「子どもの頃からわたしの家庭はこれ一択」「暑さや寒さに影響されず、いつ食べてもおいしい」と、安定の具材というコメントが多く上がりました。

おかかを選んだ人の意見で、圧倒的に多かったのが「馴染みがある」という意見。手軽に作れて家計にもやさしい具材ですよね。
関連記事はこちら▼
Photos:2枚
こんぶをすくっている手元
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ